買取価格が違うのはなぜ!? 査定でバラつく骨董品の値段

買取価格、見積書と電卓

「骨董品を複数の業者さんに査定してもらったら、その値段にバラツキがあった・・・なんで?」

実はそのようなことは少なくありません。場合によっては、比較すると数十万円の違いがあることも。なぜ、こんなにも開きがあるのでしょうか。

この記事では、査定価格に開きが出てしまう理由や、高価買取してくれる業者を見つけるポイントについてご紹介します。そのまま適当な業者に依頼すれば、大損してしまうかも!?

骨董品の価格を決める主な要素とは

骨董品

骨董品を買い取ってくれる業者は、何を見て価格を決めているのでしょうか?

希少性

いわゆる“レアなもの”は、高く買い取ってくれます。生産数が少ない品物、期間限定で発売されていたものなどは、世の中に出回っている数が少ない傾向にあるため、その分高く見積もってくれるのです。

歴史的価値

骨董品は“どれくらい昔のものであるか”が、査定価格に響いてきます。また、時代背景的に珍しいものは、高額査定が期待できます。例えば、歴史の教科書などに出てくる人物が作ったもの、使っていたものなどです。

他にも、江戸時代に持ち込まれた西洋のものなどは、歴史的背景を考えると、とても珍しいもの。このような歴史的価値があれば、高価買取の可能性はあります。

状態

希少性や歴史的価値は高くても、状態が悪ければ買取価格は期待できません。また、付属品の木箱や由緒書きなども、あったほうが高価買取につながります。

ただし、実際はその限りではなく、専門家が見なければわからないものもあります。「破れている」「欠けている」という状態でも、実は買取が可能なものもゼロではありません。思わぬ価格がつく可能性もあるので、まずはプロに相談してみるといいでしょう。

相場

骨董品専門店は、買い取った骨董品を別の人や、骨董品市場に売って利益を出しています。そのため、市場ですでに人気があり、高価で売買されている品物は、査定で高値がつく可能性が高いです。

鑑定士の専門性や実力が第一のポイント

鑑定士

同じ骨董品を鑑定する人でも、専門性が違えば、査定額に違いが出てきてしまいます。

鑑定士ごとに得意分野がある

複数の店舗で査定に出したら、それぞれ全く違う買取の値段だったということがあります。下手をすれば何十万も査定額が違うこともあるのですが、これには鑑定士がその品物に詳しいかどうかが関係しているのです。

例えば、ジャンルでみると絵画なのか、焼き物の壺なのかでは、まったく違う専門的知識が必要です。また、時代背景についても、江戸時代なのか、安土桃山時代なのかでは、それもまた必要な知識が違うわけです。

例えば、茶器に詳しい鑑定士だったとしたら、その価値を確実に把握することができます。詳しくない鑑定士の場合は、だいたいの相場から査定額を出すため、値付けする際も少々保守的になってしまうのです。

相場を知っていることも重要

「この商品はこれくらいで売れるぞ」という相場がわかっていれば、買取査定額をギリギリまで高くすることができます。品物の歴史的背景に詳しくても、相場がわからなければ「ギリギリまで高くする」ことはできません。

買取業者の販売ルートや経営状態も関係する

電卓、金額

査定の見積額は、その業者の経営状態やシステムなども関係しています。

買取業者はどのように利益を出している?

まずは、買取業者が売上をあげるその仕組みについて触れておきましょう。

買取業者は、仕入れた骨董品を売ることで収入を得ています。売値は当然、仕入れ値よりも高く設定。その差額が利益となります。

おそらくあなたが商売をするなら、「できるだけ安く仕入れて高く売る」というアイデアが浮かぶでしょう。しかし、良心的な買取業者は薄利多売の考え方をします。そのため、たくさんの取引をすることで、売上を上げようとしているのです。

安く仕入れる業者は、確かに1件あたりの売上は多くなります。しかし、高値をつける業者に人はより多く集まるため、薄利多売でも総売上では負けません。

このようなシステムを理解したうえで、以下に当てはまる業者に査定の依頼をお願いするようにしてみましょう。

販売ルートをきちんと持っているか

先述の通り、薄利多売で商売をするため、たくさんの取引をしなければいけません。取引件数を増やすには、多く買い取ることも大切ですが、販売ルートを豊富に持っている必要があります。

高価買取してくれる業者は、たくさんの取引ができるように、販売先がいくつもあり、安定的な売上を確保しているのです。

信頼と実績があり利益を出せているか

買取依頼をするお客さんと、骨董品の業界の人々に信頼されることは、絶えず利益を上げていくうえで大切なことです。きちんと利益を上げている業者なら、買取資金も充分にあり、高価買取も可能になるでしょう。

複数業者に査定してもらい値段の理由を聞いてみよう

店頭での査定

A社とB社で買取査定額が全然ちがう!ということは少なくありません。まずは、いくつかの買取業者に査定をしてもらうようにしましょう。

初めてなら特に鑑定士や業者の実力はわからない

「買取査定をお願いするのは初めて」という人は少なくありません。初めて会う鑑定士について、ひと目で「この人の目は確かだ」なんて、判断できるわけはないのです。

複数業者に査定を依頼しよう

査定は、複数の鑑定士にお願いしましょう。

下手をすると、業者によって何十万もの差が出ることもあります。また、査定してもらうときには、鑑定士の様子を観察してみてください。査定額だけが気になってしまいますが、コミュニケーションなどの対応が悪くないか、安心して取引できそうかを確かめることも大切です。

どうしてその値段になったのか理由を教えてもらおう

複数の業者に査定を頼むと、価格にバラツキが出てきます。そのため「なぜこの値段になるのか」を尋ねてみてください。中には、「付属品がないため、買取額が安くなる」「特別な販売ルートがあるため、高価買取できる」など、鑑定士によって、その査定額である理由を伝えてくれます。

まとめ

複数の業者で買取査定額が違うのには、理由があります。

その理由がわからないままに取引きすると、「もっと高く買い取ってもらえたのではないか…」など、色々と堂々巡りに考えてしまうもの。気になることがあればなんでも質問してみて、あなたが納得できるまで、詳しく話をしてみましょう。

骨董品の買取や鑑定は良心的な業者ほど、あなたの疑問や質問を丁寧に聞いてくれますよ!

骨董品買取なら東京の【買取福助】

骨董品買取なら創業63年の信頼と実績をもつ買取福助にお任せください。骨董品は、古美術、アンティーク、掛軸 、中国美術など種類が多いため、数多くの経験と豊富な ...

骨董品買取

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石
  • 金・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル