遺品整理で出てきた骨董品の上手な処分方法

遺品整理で出てきた骨董品の上手な処分方法

お身内がなくなったあとは、たくさんの手続きやご遺品の処分をしなくてはなりません。実際にご遺品整理を始めてみると、一軒のお宅によくこれほどの物があるというほど大量のものが出て来ます。

故人さまが骨董品・古美術品のコレクターの場合は、ご遺品から驚くような高価な骨董品が発掘されることもめずらしくありません。では、ご遺品整理で損をせずに骨董品を処分するにはどうしたらいいのでしょうか。

遺品整理で価値のわからない骨董品が出てきたら?

骨董品をまとめて、処分せずに残しておく

ご遺品整理で困るのが、価値のよくわからない骨董品です。
骨董品と言っても絵画や掛軸、陶磁器、お茶道具、銀器などなど非常にたくさんのジャンルがあり、興味のない方には、価値がよく分からないことがあります。あまりにも大量の骨董品を前にしてめんどうになり、まるごと遺品整理業者に買取を依頼してしまうことさえあります。

しかし、そうやってまとめて処分してしまったご遺品の中には、収集家・コレクター垂涎の骨董品や古美術品が混じっていることもあり、大変な損害になることもめずらしくありません。

骨董品の中には、専門の買取業者でなければ適正な査定額・買取価格を提示できないものも見られます。
ご遺品の骨董を不用品として処分するのは簡単ですが、整理をしていて「これは価値があるのでは?」と思われるようなお品が見つかりましたら、処分するものを分けておきましょう。

あとから、骨董品の専門家による査定をお受けになるのがおすすめです。

経験豊富な鑑定士のいる買取業者に査定を依頼する

さてご遺品整理に専門家を呼ぶと言っても、どういう人に頼んだらいいのか困ります。
実は価値がわからない骨董品こそ、経験豊富な目利きの鑑定士を呼ぶ必要があるのです。

骨董品の査定には美術品・工芸品の広範な知識が必要不可欠です。目利きの鑑定士は、豊富な知識をベースにして、最新の骨董品における動向や作家の人気などを加味し、適切な買取価格を出すことが出来ます。

こういった繊細かつ複雑な作業には、鑑定士の経験が重要になってきます。
骨董品の真贋を鑑定するほか、マニアからの需要が高いお品かどうかの判断、プレミアの有無など、多様な要素を盛り込みつつ、ご依頼主様に満足していただけるような高値査定を実現するには、ベテランの鑑定士が必要不可欠なのです。

遺品整理で大量の骨董品が出てきたら?

訪問査定ができる買取業者を探す

ご遺品整理では、一気に大量のお品を片付けなくてはならないことも、大変な点です。大量の骨董品を買取業者の店舗に運ぶには、大変な労力がかかります。

そこでおすすめしたいのが、訪問査定・出張買取ができる業者を探すことです。
訪問査定というのは、買取業者がご依頼主様のご自宅に訪問し、そこで査定をする方法です。車がなくてご遺品を買取店まで運べない方や希少価値のある骨董品を動かしたくない方などに、とても便利な査定方法。

鑑定士の方が自宅に来てくれるのでご依頼主様は大量の古美術品を持ち運ぶ必要がなく、簡単に遺品を査定してもらえます。

またアンティーク家具など大型でとても店頭へ運べないというお品も、鑑定士がご自宅で鑑定・査定します。価値を知りたいご遺品は、まとめて全部目利きしてもらうといいでしょう。

その場で査定・買取りできる買取業者に依頼する

訪問査定を依頼するときには、買取もその場でできるかどうかを確認しましょう。
ご遺品の査定が済んだ段階で、複数の骨董品のお買取りが決まっているはずです。

できればその場で

  1. ご遺品の査定・査定額の提示
  2. お買取りとご遺品の引き取り

と言う流れで、一度でお引取りまで終わるのが、出張買取の理想です。
ご遺品の量が多ければ多いほど、一度で査定と買取を済ませてしまいたいもの。ですから、最初から査定後にすぐ骨董品を引き取れる買取業者を探しましょう。

さらに、お買取を現金でしてくれる業者なら安心。高額商品であっても現金でスピーディに支払ってくれる業者がおすすめです。

遺品整理で保存状態のよくない骨董品が出てきたら?

簡単な清掃にとどめ、現状のまま保管する

ご遺品を片付けていると、あまり保存状態のよくない古美術品が出てきます。とくに長期にわたって保管されていた古美術品や工芸品などには、劣化が見られることもございます。

この場合、ちょっとお手入れをしたいと思うかもしれませんが、そのままの状態で査定に出すのが鉄則です。
遺品整理業者などのサイトを見ていると、

  • 「軽く掃除をしておくと買取価格が高くなる」
  • 「きれいな状態のものは価値が上がる」

などと記載されているものがあります。
たしかに掃除をしたほうがいいアイテムもありますが、多くの古道具、ビンテージ品、アンティーク家具などは、清掃しないほうが高額査定になることがあります。

掘り出し物や希少価値のある骨董品ほど、

  1. 何もしないでそのまま査定に出す
  2. 現状のまま保管しておく

の2点が重要です。

多様なジャンルを扱う買取専門業者に査定を依頼する

保存状態のあまり良くないご遺品や美術品の査定には、多ジャンルの知識がある専門家に査定を依頼されるといいでしょう。

たくさんのジャンルを扱っている買取業者は、状態の良しあしだけでご遺品を査定しません。それぞれのジャンルのコレクターや収集家の視点でお品の価値を判断し、処分されたほうがいいものと買取ができるものをごく短時間で見極めます。

保存状態は古美術品の査定をするうえで重要なポイントではありますが、それ以上にお品のジャンルや古美術品市場での人気が重要だと言うことを理解している業者に依頼しましょう。

骨董品買取

骨董品の関連記事

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up