山本紅雲筆 立ち雛図掛軸

横浜市青葉区で山本紅雲筆 立ち雛図掛軸を買取りました。

非常に長寿であった日本画家。そのうちの1人に、「山本紅雲(やまもとこううん)」がいます。
彼は明治29年、1896年にこの世に生を受けた作家です。兵庫県で生まれ、その本名を「岡田利三郎」と言います。
長じてから彼は、京都の買いが専門学校に進むことになりました。師匠として選んだのは、「竹内栖鳳」。彼は良い意味で「何でも屋」であり、動物、道具、風景に至るまで、さまざまなものを描き出したと言われています。時代は、まだ明治にもなっていないころ。そんな時代に生まれたにも関わらず、ヨーロッパにまで足を延ばして勉強を重ねるその師の姿に、山本紅雲は大きな影響を受けたことでしょう。

山本紅雲は、第1回目の帝展(現在では日展がその流れをくむ)に入賞し、それ以降も数多くの実績を重ねます。自然の事物を描くことを深く愛しましたが、今回横浜市青葉区で買わせていただいた「山本紅雲筆 立ち雛図掛軸」のように小物も描き出していました。

さて、この山本紅雲ですが、彼が没したのは、平成5年、1993年のこと。享年96歳でした。明治・大正・昭和・平成と、4つの時代を生き抜いてきた日本画家の残した作品は今も、さまざまなものを私たちに伝えます。

日本画掛軸