コスタボダ ガラスプレート チューリッパ

東京都足立区のお客様から、コスタボダ ガラスプレート チューリッパ をお買取りしました。

コスタボダ(KOSTABODA)は、スウェーデンのガラスメーカーです。ヨーロッパに現存するガラス工場のなかでは、最古という歴史のある会社です。

コスタという名前は、スウェーデン国王のカール12世の配下だった将軍のコスクルとスタン・フォン・ホルステンという二人の名前を組み合わせたものです。コスタ社は1742年にスウェーデン南部のスモーランド地方で設立され、のちにボダ社と合併をしたため、1971年からはコスタボダになりました。
日本ではあまり馴染みのないガラスメーカーですが美術性の高い製品を作っており、デザインの面において独自の路線を進んでいます。

コスタボダは複数の専属デザイナーをかかえ、オリジナルのアイディアを熟練した職人技で商品化する手法をとっています。多くの人気デザイナーがいますが、今回のお品物であるチューリッパシリーズを生み出したのは、とりわけ人気のデザイナーのウルリカ・ヒードマン・ヴァリーンです。
ウルリカは、1980~1990年代のコスタボダにおいて、次々と名作を次々と生み出しました。チューリッパシリーズのように、あふれるエネルギーで一気にガラスにペイントしていく方法で、勢いのあるデザインをしていったのです。
コスタボダはオリジナリティから世界中で高く評価され、多くのコレクターがいるブランドでもあります。需要がとても多いお品物のため、買取をさせていただきました。

ブランド食器