津田信夫作 月に雁図花器

千代田区のお客様から津田信夫作 月に雁図花器をお買取りいたしました。

津田信夫(つだしのぶ)は日本の代表的な鋳金工芸作家。優れた作品をたくさん世に送り出したことでも知られており「メタルアートの巨人」とも言われております。

■経歴
1875年に千葉県佐倉市にて津田長人の長男として誕生。その後、1895年に東京美術学校(現:東京芸術大学)に入学し鋳金を専攻。卒業した後には東京美術学校の助教授になり、その後は教授を務めるまでになる。東京美術学校が注文を受けた日比谷公園の噴水やアーク燈、日本橋の鋳造などを幅広く手掛ける。
1923年(大正12年)になると金工の研究の為にヨーロッパへ留学。イタリア、イギリス、ギリシャ、フランス、ドイツに渡りアールデコの装飾様式を直接目の当たりにしながら学ぶ。
1925年(大正14)のパリ万博博覧会にては日本代表として審査員を務める。
この博覧会で日本のデザインの停滞ぶりに落胆し、各国の新潮流に受けた影響を当時のヨーロッパの工芸の状況を日本へ伝えることにより、若手工芸家に大きな影響を与えることになった。
1946年(昭和21)に72歳で逝去。

代表作に「鸚鵡」「カンガルー」「一去一来」「隠霧澤毛」「霊亀曳尾」などがある。

銅器