高橋誠作 蓮池翡翠図皿5客

千代田区六番町で高橋誠作 蓮池翡翠図皿5客の買取

翡翠は、カワセミの別名です。青い宝石とも呼ばれるこのカワセミは、勢い良く水に飛び込み、長いくちばしで水中のカエルや魚、水生の昆虫を捕らえます。自然豊かで、きれいな川がある場所にしか生息しないため、陶芸作品やジュエリー、新幹線などさまざまなものにモチーフとして使用されています。
こちらのお皿には、カワセミの美しい羽毛とともに、カワセミが摂餌の際に川面で見せる敏捷性や、力強さが描かれているように思われます。
この皿5客の作者である高橋誠は、昭和23年にさいたま市で生まれました。父が土木技師という家庭環境のため、転勤による引っ越し、転校を幾度も繰り返す少年時代を過ごしたといわれています。陶芸の師は人間国宝の藤本能道で、東京芸術大学の陶芸科を経て同大学院を修了した翌年から、伝統工芸新作展に入選を果たすなど、若い時から頭角を現した美術陶芸家です。
作品は、その人気ゆえに軒並みソールドアウトとなっており、こちらの蓮池翡翠図皿のように5客揃った状態、しかもキズや汚れもない美品が市場に出回るのは非常に貴重な機会といえます。お手元にあれば、暑い夏を忘れる憩いのひとときを、カワセミが連れてきてくれるのではないでしょうか。

陶磁器