葛飾区の骨董品買取・絵画・掛軸の出張鑑定なら創業62年の福助へ

葛飾区の骨董品・絵画・掛軸買取

葛飾区で骨董・絵画・掛軸買取をご利用頂いたお客様の口コミ・評判

集めていた絵画の処分

家の事情により、コレクションしていた大好きな日本画家・中島千波のリトグラフ、シルクスクリーン、紙本、木版画などを、泣く泣く売ることにしました。

どうせ売るなら高く売りたいと思い、複数の買取店での査定を頼み、また大きいサイズの絵画もあったので、葛飾区の自宅まで無料で出張買取してくれるところか良いかなと思い、いろいろと検討しました。

見ていただいた作品の中に花の代表作で、人気の高い瀧桜があり、また絵の保存状態が良かったとのことで、高額買取してくれた福助に決めました。【60代女性】

祖父の趣味で集められた骨董品を高価買取

葛飾区にある実家の物置・蔵には、祖父が集めたという古くからの古銭・軍票、戦時中の勲章、サーベル型指揮刀などの骨董品が数多くありました。

価値がまったくわからないので、この際、全て鑑定・査定してもらおうと無料出張買取をお願いしました。予想外にも、高価買取してもられたので家族一同、喜びました。【50代男性】

葛飾区で骨董品の生前整理・遺品整理もお任せください。

生前整理・遺品整理もお任せください。

葛飾区での生前整理・遺品整理も福助へご依頼ください。

長年を費やして集めた大量のコレクションの処分や整理などをお考えではありませんか?「買取福助」では『断捨離』のお手伝いもいたします!

生前整理はもちろん、遺品整理で見つかった価値の分からない骨董品や美術品の鑑定・買取のご相談もお待ちしています。「買取福助」は故人の想いを大切にいたします。

もちろん、大切なお品物を受け継がれたお客様のお気持ちもしっかりと考慮して対応させていただきます。ご安心してご利用くださいませ。

葛飾区の情報

葛飾区の人口は約44万人です。
地名の由来は「葛(かつ)」は「崖」または「丘陵」を指します。カテ、カトと同義語です。「飾(しか)」は、「砂州」という意味で、スカと同義語です。利根川(江戸川)の右岸低地、左岸台地を表したという説があります。

伝統工芸品に指定されているのは、「江戸刷毛」です。他には、「江戸押絵羽子板」や「江戸彫刻」も伝統工芸品として指定されています。葛飾区伝統工芸品として指定されている品目は合計46あると言われています。

また、葛飾区と言えば、忘れてはいけないのが、映画「男はつらいよ」シリーズで知られる柴又帝釈天です。大人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で有名になった亀有があるのも柴又です。寅さんに、両さん、愛されるキャラクターにゆかりのあるエリアです。堀切菖蒲園は、江戸期の菖蒲文化を伝える由緒正しい植物園です。

« 1 2

2 / 2 ページ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
Scroll Up