安村稔作 沈金蒔絵額

東京都北区で、安村稔作 沈金蒔絵額をお買取りしました。

今回のお品物は、沈金(ちんきん)とという蒔絵の技法で作られています。
沈金は、何層も塗り重ねた漆の表面に四季の花々や鳥などを彫刻したあとに、生漆を刷り込んで金箔を置き、金箔の光沢をそのまま漆器の上に写す技法です。
生漆には接着剤としての役割もありますから、いったん生漆の上に追いた緊迫や金粉は簡単にはがれません。
漆黒の地の上に金箔が沈んだように見えるので、沈金という名前が付きました。

実際の技法では金粉だけなく銀粉やそのほかの金属粉、朱や青の漆粉を使うこともあります。沈金で毛彫り(けぼり)と呼ばれる細かい彫りには、高い技術力が必要とされます。
作者の安村稔は、日本美術展や現代工芸美術展において数多くの入選歴を持つ沈金師です。美しい漆芸作品を数多く作り出しており、今回のお品物のような華麗な作品を得意としています。

こちらの蒔絵額には、沈金+蒔絵の両方がほどこされています。沈金で沈み込んだ金色の上に、蒔絵で飾られた金色のモダンな文様が鮮やかです。

蒔絵は漆器の表面に下絵を描き、漆で模様をなぞって色粉を蒔いて、細かい部分は蒔絵筆で仕上げることから、蒔絵と呼ばれるようになりました。
沈金と蒔絵の両方がたくみに使われ、お互いの技法のいいところを引き立てつつ、漆黒の上に鮮やかな金の模様を描き出しています。

漆器・蒔絵