セイコー アンティーク丸時計

東京都江東区のお客様から、セイコー アンティーク丸時計を買取りました。

セイコーと言えば、現在は時計だけでなく電子デバイスやシステムソリューションなどを含む幅広い事業で業績を伸ばしているグループ会社です。
スタートは明治14年に始まった服部時計店で、中古時計の買取と修繕、販売をおこなっていました。明治25年に時計工場の精工舎を設立して、国産時計の製造を開始。精工舎で製造した時計を服部時計店が販売するというスタイルでした。

大正2年には、国産で初の腕時計であるローレルを製造・販売しました。実はそれ以来、セイコーは国内では初めてというタイプの時計をたくさん開発してきました。
たとえば昭和31年には、日本で初めての自動巻き腕時計のオートマチックを発売。昭和39年には国産初のクロノグラフとワールドタイムつき時計を販売し、翌年の昭和40年には国産初の潜水用150Mダイバーウォッチを販売したのです。
さらに昭和44年には、世界で初めての垂直クラッチ方式搭載の自動巻きクロノグラフを発売。これはデイデイト機能付きの自動巻きクロノグラフとしても、世界初という画期的な時計でした。

今回のお品物は、セイコーの壁掛け式の丸時計です。セイコーの高い技術力が作り出した時計で、レトロな雰囲気がとてもいいお品物です。
アンティークの時計はサイズやジャンルに問わず非常に人気のあるものです。ご自宅に古い時計がありましたら、掛け時計・腕時計とも鑑定を依頼されるといいでしょう。

骨董品