人間国宝 高橋敬典作 雲龍釜

人間国宝 高橋敬典作の雲龍釜を東京都目黒区八雲でお買取りしました。

高橋敬典(1920〜2009)は、金工・茶の湯釜の重要無形文化財(人間国宝)に認定された釜師です。

1920年(大正9年)に山形市にて鋳物業の家に生を受けた高橋敬典は、1938年(昭和13年)に若くして家業を継ぎました。
それ以後の高橋敬典は、茶釜の制作に一心不乱に打ち込んでいきます。
1951年(昭和26年)に日本美術展覧会(日展)で初入選し、その後も合計7回入選を果たしました。
また日本伝統工芸展では1963年(昭和38年)に奨励賞、1976年(昭和51年)にNHK会長賞を受賞するなど、国内の高名な展覧会で数々の受賞歴を誇ります。

高橋敬典は、従来の型にこだわらない斬新な造形と、高い技術と繊細な手法による格調高い作風で評価されてきました。
その作風により1961年(昭和36年)に昭和天皇、1979年(昭和54年)には皇太子殿下(今上天皇)へ釜を献上する栄誉を賜っています。
このような実績と工芸文化への貢献が評価され、高橋敬典は1996年(平成8年)に重要無形文化財「茶の湯釜」の保持者に認定されました。

買取致しました雲龍釜は、胴部分に雲に乗り天を駆ける龍の姿(雲竜紋)を鋳出することが特徴です。
工夫を凝らした繊細な文様を鋳出するのは、高橋敬典の得意とする技術の1つであり、この雲龍釜も素晴らしい作品となっています。

茶釜は地味ながらも茶の席を象徴するとされる重要な茶道具です。
もし使わずにしまっていらっしゃるのなら、買取りに出してみてはいかがでしょうか。
買取福助では、経験豊富な鑑定士が茶道具を査定いたします。
お持ちの茶釜をしっかり鑑定いたしますので、ぜひご連絡ください。

茶道具