伊藤東彦作 猫柳文銘々皿

東京都目黒区自由が丘のお客様より伊藤東彦の猫柳文銘々皿をお買取りしました。

伊藤東彦は昭和14年(1939年)福岡県大牟田市の生まれの陶芸家です。

大学院陶芸専攻科修了後、いわき市の常磐窯業株式会社に勤務した後に、茨城県笠間市を活動の拠点としました。松井康成に師事した後、茨城県窯業指導所の研修生となり、まもなく笠間市内の現在地に築窯して独立、本格的な作陶活動を展開し現在に至ります。

初期の作風は、オブジェや抽象的な物を中心に制作していましたが、1973年頃から作品が、布目技法と草花等の絵付けを施した物に変化を遂げていきました。

今回お買取りさせていただいたお品物は、布目技法が取り入れられております。
元来布目とは、型成形をするとき粘土を型から離しやすいように敷いた布の跡が土の肌に残されたものをいいますが、こちらの作品には器肌に表情を出すための一つの方法として布目が取り入れられております。主に布は麻製の蚊帳が多く使われていますが、綿布やガーゼが使用された作品もあります。

お品物も5客セットの完品で揃っていることと、主に観賞用とされていたようで非常に状態も良く、共箱・共布も揃っていたため高額でお買取りをさせていただきました。

陶磁器