総梨地盛り上げ蒔絵小箱

東京都目黒区のお客様から、総梨地盛り上げ蒔絵小箱をお買取りしました。

蒔絵(まきえ)は、漆塗りの上に装飾をするための技法のひとつです。蒔絵にも複数の技法が伝わっていますが、今回のお品物には盛り上げ蒔絵がほどこされています。

盛り上げ蒔絵は高蒔絵(たかまきえ)」ともいいます。文字どおり、ベースになる漆器の上に、高く盛り上げて蒔絵をします。この盛り上げ方に種類があり、漆上げ(うるしあげ)というのは、上塗りをした後の漆器の盛り上げたい部分に漆を分厚く塗って盛り上げる方法、あるいは厚めに塗った漆の上に炭の粉や焼錫粉(やきすずふん)を蒔いて盛り上げる炭粉上げなどがあります。
一般的な盛り上げ蒔絵の場合は、漆を盛り上げる漆上げを使うことが多いです。対して炭粉上げや錆漆を盛り上げる錆上げは非常に高度で時間のかかる技法ですから、美術館に収蔵されるような逸品に使われます。

といっても、盛り上げ蒔絵も非常に手間のかかる技法です。通常の漆器制作過程の上に、漆で盛り上げる工程を追加し、しかも盛り上げた部分に蒔絵をしていくため、時間もお金も余分にかかるのです。

今回のお品物は、梨地というつや消しの技法を小箱全体におこない、その後あらためて盛り上げ蒔絵をして、箱全体に華麗な蒔絵をほどこしてあります。非常に丁寧に作られた逸品です。

漆器・蒔絵