荒川豊蔵(斗出庵)肉筆色紙

港区南青山で荒川豊蔵(斗出庵)肉筆色紙をお買取りしました。

荒川豊蔵(あらかわとよぞう)は、現代日本陶芸を代表する陶芸家です。
1894年に岐阜県土岐郡に生まれ、いったんは神戸で貿易商に勤めましたがすぐに帰郷。多治見陶器商のもとで働き始めます。のちに陶芸家の初代・宮永東山(みやなが とうざん)のもとに行き、伏見の窯の工場長になりました。1927年には、北大路魯山人の星岡窯に招かれて、魯山人雅陶研究所の研究員として陶芸の奥深さを知ります。
そして1930年に岐阜県可児郡の牟田洞古窯址で、志野焼の陶片を発掘。これで荒川豊三の人生が大きく変わります。次々に古窯址を発見し、美濃で志野や織部、瀬戸黒などが作られていたことを実証。ついに1933年に、大萱に半地下式穴窯を築いて、みずから古志野、瀬戸黒の制作に没頭しました。

のちには、日本で志野焼きの名人といえば荒川豊三か加藤藤九郎かといわれるほどに成長し、1955年に重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)に認定されました。

荒川豊蔵の志野焼きは、そのおおらかさに特徴があります。今回のお品物は、形の良い茶碗を墨で描いた肉筆画。空間の使い方、墨の濃淡の使い分けで、ふっくらした焼き物の質感までが伝わるお品です。

掛軸陶磁器