ジュモータイプ・ビスクドール①

港区三田でジュモータイプ・ビスクドールをお買取りしました。

ビスクドールとは、頭部や手足に陶磁器を用いたお人形のことです。ビスクとは、フランス語のビスキュイ(biscuit)という言葉で、二度焼くという意味です。
ビスクドールの手足には磁器粘土を700℃~750℃で素焼きしたあと、1200℃以上の高温で焼いたものを使います。高温で焼きしめるため、陶磁器ですがガラス質になります。その上に数回の絵付けを繰り返すと、ビスクドール独特の艶のある皮膚が出来上がるのです。

ビスクドールは、現在ではアンティークドールの代表的なものであり、つねに人気があるジャンルです。
今回のお品物は、ジュモータイプのビスクドール。ジュモーとは、ビスクドールの有名な工房だったジュモー工房からとった名称です。
フランスのジュモー工房は、ピエール・ジュモーとエミール・ジュモーの親子が作り出した名工房。
父親のピエールは豪華なドレスを着たファッションドールを得意とし、息子のエミールは天使のような可愛らしいドールを生み出しました。
ジュモー工房の高い技術はヨーロッパじゅうで大人気となり、ジュモータイプのビスクドールも数多くつくられたのです。

このお品もジュモータイプらしい豪華なビスクドールです。
つやつやした肌にぱっちりした目、小さな唇といった愛らしい様子に心が奪われますし、花とレースをふんだんにあしらった帽子やドレスも見どころの一つです。

ジュモータイプ・ビスクドール②

人形