角好司作 輪島塗蟻の図盆

港区六本木で角好司作 輪島塗蟻の図盆を買取ました。

「あれ?蟻がいる!」とのぞきこんでしまいそうなユーモラスな図案は、トリックアートにも通じるかもしれません。
ウィットに富んだお盆の作者である角好司氏は、石川県の漆芸家です。
漆器は、一つの作品ができるまでにたくさんの手間と時間を必要とします。漆を何度も塗られることで器は強くなり、長年使い込んでも色あせない美しさを保つことができるのです。そのため、作られるのは蒔絵のような芸術品だけではなく、日常使いの器やお盆など多岐にわたります。そんな丈夫で美しい漆器のなかでも、輪島塗はヒバやけやき、カツラといったかたい木地に、貴重な天然漆と米糊を混ぜたもので布を貼りつけて作られます。焼成珪藻土と漆を何層にも重ね、手間暇をかけて「丈夫さ」を追求しているのです。
輪島塗には、伝統的な技術を守り継承するため、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」によって使用材料や工法が定められている品物もあります。とはいえ、新たなデザインややり方を真っ向から否定しているわけではありません。
角氏による蟻の図のお盆も、歴史と伝統を継承しつつ、モダンなデザインと遊び心をとりいれた逸品といえます。ケーキやクッキーを載せたお皿をお出ししても趣があるのではないでしょうか。

漆器・蒔絵