マッピン&ウェッブ 調味料入れ3点セット

東京都練馬区のお客様から、マッピン&ウェッブ 調味料入れ3点セットをお買取りしました。

ローマ時代からイギリスでは銀は貴重な金属として経済面で大きな役割を果たしましたし、イギリスの銀製品と言えば昔からヨーロッパアンティークの人気アイテムです。これほどイギリスのシルバーの人気が高いのは、その純度のせいでもあります。数百年以上前から、イギリスのシルバーは国による厳格な品質管理のもとで製造され、厳しい審査をクリアした銀製品だけがホールマークという品質保証の刻印がされたからです。

そんなイギリスにおけるシルバー製品の名門がマッピン&ウェッブ(Mappin & Webb)です。こちらの会社、スタートは1775年にさかのぼります。
イギリス中部のシェフィールドでジョナサン・マッピンがカトラリー工房を開きました。当時のシェフィールドは、産業革命後の中心地として栄えた工業の町。のちにジョナサン・マッピンの曾孫であるジョン・ニュートン・マッピンが、親族のジョージ・ウェッブとともに始めたのがマッピン&ウェッブです。

高い品質と技術力、優雅なデザインで顧客を獲得していったマッピン&ウェッブは、1897年にヴィクトリア女王からイギリス王室御用達を意味するロイヤルワラントの称号を授かりました。ちなみに、マッピン&ウェッブ以前にロイヤルワラントを授与されたシルバー製品メーカーはありません。初の授与でした。

今回のお品物は、調味料入れ3点セット。塩・胡椒・マスタード(ジャムなども入ります)入れのセット。優雅な曲線でイギリスらしいシンプルさが魅力のお品物です。

ブランド食器