及斎作 松の葉図盆

東京都大田区田園調布のお屋敷から平井汲哉(ひらいきゅうさい)作 松の葉図型の木製盆を譲って頂きました。

平井汲哉(鳩斎))明治12年(1879)大阪市生まれ。父にあたる半仙に師事をし、その後36歳になったときに近衛尊覚公に献上の際、「鳩斎」の号を拝領しました。大正14年(1925)に開催されたパリ万国博覧会(現代装飾美術工芸博覧会)に彫刻竹花生『平和の女神』を出品し、銅賞を受賞。
昭和2年(1927)になると「鳩斎」から「汲哉」に改号します。その後も「鳩友社」を主宰し、鉄筆家の育成にも尽力し続けました。昭和13年(1938)歿、59歳。

汲哉の作品は根付など小品が多い中、大型の作品は珍しいものです。茶席で使用されていたようですが、傷などなく保存状態も良く大変綺麗な状態でした。付属品も揃っていたためそのぶん高額でお買取りをさせていただきました。

買取福助では茶席で使用される菓子器や茶杓・竹籠など木竹工芸品を広く買い求めております。

長い間使わずに仕舞ったままのお茶道具などございましたら、一度査定に出してみませんか?
思わぬものが高く売れる可能性もございます。

便利な出張買取を利用すれば、茶道具だけでなく他の美術品もまとめて鑑定・買取が出来ますのでお気軽にお申し込みください。

木彫・竹籠