桃珊瑚 恵比寿大黒像

東京都世田谷区玉川のお屋敷から桃珊瑚 恵比寿大黒象をお買取りました。

「珊瑚」は非常に美しい宝石として知られています。ただ、実はこの「宝石」は、私たちが想像する「石」とは少し違います。サンゴとよばれる動物(虫)によってできています。この虫は通常海を漂っているのですが、ある程度の大きさになると、原木に吸い付きます。こうして育ったものが「珊瑚」となるのです。

さて、この「珊瑚」にはいくつかの種類があります。血のような赤色を持つ「血赤珊瑚」、それよりは明るい色を持つ「赤珊瑚」、より淡い色をたたえる「桃珊瑚」、白色に近い色の「白珊瑚」があります。
どれも非常に美しいものですが、今回の「桃珊瑚 恵比寿大黒象」に使われている「桃珊瑚」は、「桃珊瑚 恵比寿大黒象」を見ても分かるように、ほかの珊瑚に比べると非常に大きく育ちます。

桃珊瑚は数ある珊瑚のなかでも、彫刻がしやすい珊瑚として、広く加工品に使われています。複雑な彫刻もしやすく、細やかな掘りも可能です。「桃珊瑚 恵比寿大黒象」も、そのような桃珊瑚の特徴を存分に生かしています。鷹揚な笑みを浮かべた、富の七福神である恵比須様や大黒様の姿は、見ているだけで幸せをもらえそうですね。

珊瑚