内藤六郎作陶板額

世田谷区代沢で内藤六郎作・陶板額をお買取りしました。

内藤六郎(ないとうろくろう)は柔らかな色調が人気の陶芸家です。
昭和25年に東京の下町で生まれ、昭和51年に東京藝術大学 大学院 陶芸専攻を修了。大学卒業後に山梨県北杜市の山里に転居して、独自の陶芸の道を歩み始めました。以後は北杜市に住み、全国で多数の個展を開催しています。

北杜市に転居したのは、自然の中に自分を置いてみずからの生き方や創作の方法を模索するためだったということで、オリジナルの陶器を追求してきました。そのひとつが、長年取り組んできた技法の”陶水彩”です。
陶器という素材の上に、やさしくソフトな色調とマットな質感で水彩のような絵を描きます。彩色後に釉をかけて、高温焼成をすることで淡い色彩の表現が可能になりました。
内藤六郎自身も”陶水彩”の技法を確立したことで、自分自身の表現がいろいろな枠に収まりきらなくなってきたという感覚を持つようになり、従来の陶芸手法から一歩進んで、自由な色と自由な描き方を追い続けています。

今回のお品物は、まさに”陶水彩”の名品。当番額のお品は、ひとつひとつ非常に手間と時間をかけて制作するだけに、優しい色彩の中にもしっかりした存在感があります。淡い色合いで描かれた草花が生み出す繊細な空気感が素晴らしいお品です。

陶磁器