純金製霰風炉釜

東京都世田谷区のお客様から、純金製霰風炉釜を買取りました。

風炉釜(ふろかま)とは、茶道で使うお道具の一種です。
茶席でお湯を沸かすために使うもので、風炉(ふろ)の部分と釜の部分は別々に分かれます。お茶を点てるためのお湯を沸かすのが目的のお道具ですが、それだけでは終わりません。

茶道の場合は火を起こすにも作法があります。
まず風炉のなかに灰と炭を風炉に入れます。この炭は種火(たねび)と呼ばれるもので、あらかじめ火をおこしてある炭です。炭を置く場所や炭の大きさ、太さ、長さにも基準があります。すべてを作法どおりにすることで、お茶の世界の伝統美が出来上がるのです。

釜の素材は鉄が一般的です。風炉は唐銅(からかね)や土風炉(どぶろ・陶器に漆を塗ったもの)、もちろん鉄の風炉もあります。最近では炭を入れずに電熱ヒーターを仕込んで、ヒーターでお湯を沸かすことが増えてきましたが、それでも熱を使うものですから基本は金属素材です。
今回のお品物は、純金製の風炉です。
純金製ですからおそらく実用品ではないと思われますが、全面にほどこされた霰(あられ)の模様が見事です。霰模様とは規則的に丸い凸凹をつけてある模様で、茶道をたしなむ人には非常に人気があります。
こちらの風炉釜は形もよく、保存状態も良好でしたので買取させていただきました。

茶道具