黄楊木彫観音立像

東京都渋谷区で黄楊木彫観音立像をお買取りました。

観音とは人々の苦しみを取り除いて救ってくれる仏で、観音菩薩(かんのんぼさつ)や観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)ともよばれます。
観音にはいくつか種類があり、聖観音や千手観音、不空羂索観音(ふくうけんさく)のほか、釈尊(お釈迦さま)が亡くなってから56億7000万年後にあらわれて人々を救うと言われる弥勒菩薩(みろくぼさつ)も観音の仲間です。

人々を優しく見守り、苦しみから救ってくれる仏様として昔からあつく信仰され、念持仏として身近に置いて礼拝することも多い仏です。

今回のお品物は、黄楊(つげ)の木を彫りこんだ観音像です。
黄楊の木は、ツゲ科の常緑樹。暖かい地方の山地に自生する植物で、雌雄同株の植物で春になると淡黄色の小花が咲き、だ円形の実がつきます。
黄楊の特徴は非常に硬いこと。独特に黄色みがある木材で、加工品として人気があります。櫛や印、将棋の駒などに用いられます。

今回のお品物は、立っている観音の姿を彫った立像です。伏し目がちに下を見て、軽く腕を組んで足を開いて立っている観音の姿を、衣がやわらかいドレープを描いて包んでいます。

仏像木彫・竹籠