銀製宝船置物

渋谷区広尾で銀製宝船置物をお買取りしました。

宝船は縁起物のひとつです。
帆掛け船に宝物をのせているもので、七福神が一緒に乗っているのが一般的です。
七福神は大黒天、恵比須(えびす)、毘沙門天(びしゃもんてん)、弁財天、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人、布袋和尚(ほていおしょう)の七人で、宝物にきまりはありませんが、米俵や小判、宝石、さんごなどが積み込まれています。
言い伝えとして、新年の2日の夜に宝船を描いた絵を枕の下に入れて眠り、見た夢で1年の吉凶をうらなうとされています。

ただし、一説によれば本来の宝船は宝物や七福神など縁起のいいものばかりを積んだ船ではなく、旧年の災いをのせて流してしまうものだといいます。

どちらが正しいのかは不明ですが、昔から日本人は幸福や良きことは海の果てからやってくると信じていました。
古事記に記載されている”常世国”は海の果てにある神様の世界のこと。宝船が常世国からくるのなら、やはり幸運を運んでくるものでしょう。

今回のお品物は、銀製の宝船です。
鳥の形のへさきで波を分けて、帆は風をはらんでまさに順風満帆。帆には金色で”寶”の文字が入っており、船にはぎっしりと宝物が積み込まれています。
非常に縁起のいいモチーフばかりを集めて、銀をベースに金をちりばめた豪華な開運の置物です。

純銀