能画家 松野泰風作の日本画

東京都品川区小山で、能画家 松野泰風作の日本画を買い取りました。

「能画」は、「能絵」「能楽画」「能絵」とも記されます。その名前の通り、能楽を写し取ることを目的にした絵画です。

「能楽」というと、多くの人が、「古いもの」を思い浮かべるかもしれません。しかし能画は、実は、江戸時代まではそれほどメジャーなものではありませんでした。能画が日本に広く広がっていくのは、幕末の頃です。この頃になると、「能」という楽しみが、庶民に広く知れ渡って行ったため、それに伴い能画も鑑賞される機会が多くなったのだと言われています。

明治時代には特にこの「能画」が愛されました。能画の代表作家である月岡耕漁の存在も非常に大きく、能画の普及に大きく貢献しました。

それ以降も、数多くの「能画家」が輩出されていきます。今回、東京都品川区小山で買わせていただいた、能画家の松野泰風もまたそのうちの1人だと言えるでしょう。
能の特徴である「面(小面・女系)」を付けた姿が描かれています。
能の面は、「彫り込まれた、表情の変わらないもの」であるはずなのに、そこにさまざまな感情を宿すことができると言われています。能画家であった松野泰風もまた、その美しさに魅せられたうちの1人だったのではないでしょうか。

日本画絵画