遠藤兆映作 純銀打ち出し花瓶

東京都台東区で、遠藤兆映作 純銀打ち出し花瓶をお買取りしました。

遠藤兆映は、1927年に 福島県伊達郡藤田町(現・国見町)に生まれた金工家です。幼いころから彫刻に興味があり、独学で研鑽を積みます。のちに鹿児島県出身の彫金家・帖佐美行(ちょうさよしゆき)に師事。文化功労者、文化勲章の受賞者でもある帖佐美行のもとで、彫金について幅広い知識を得ていきます。ここで以前より評価の高かった造形の力がさらに伸び、作風にも落ち着きが加わりました。

年とともに次第に注目を集めるようになり、日展などの入選をきっかけとして、さまざまな賞を受賞。総理大臣賞も受賞していますが、金工の工芸品が総理大臣賞を受賞するのはとてもめずらしいことです。こうして、しだいに日本を代表する彫刻家・金工家となりました。

技術と経験に裏打ちされた遠藤兆映の作品の多くは、金属の光沢や質感を十分に生かしたものです。金属板に浮き彫りにしたレリーフなど、美術品としても高い評価をうけています。国内における金工の世界をつねにリードし続け、後進の教育にも非常に熱心。日本新工芸顧問や日本金工協会委員として指導に当たっています。

今回のお品物は、純銀製の花瓶です。打ち出しという金工ならではの技法を使い、抽象的でモダンなモチーフを金属の質感で表現しています。現代的な雰囲気が強くありながら、後世にまで残るような根源的なデザイン性の高さが特徴のお品物です。

純銀