額装油絵 久保清子 『鏡』

東京都豊島区で、額装油絵 久保清子 『鏡』を買い取りました。

久保清子は、福島県出身の日本画家です。今回、東京都豊島区で買取らせていただいた、額装油絵久保清子『鏡』は、そんな福島県出身の画家の作品です。
しどけなくも美しく、おくれげも悩ましい女性が鏡に向かい合っているという構図で、人によっては一種のコケティッシュささえ感じるのではないでしょうか。しかし、このように艶っぽいシーンでありながら、下品さが目立たないのはさすがと言えるでしょう。

久保清子の手掛ける「油絵」の歴史は、日本においては、江戸時代の終わりくらいから始まると言われています。歴史的にみれば、かなり新しいものであると言えるのではないでしょうか。
油絵に初めて触れた日本人たちは、非常に驚いたことでしょう。特に、それまでは日本画しか知らなかった画家にとってはインパクトのあるものであったことは間違いありません。
写実的な絵画を描き出して、「花魁図」と呼ばれる絵を完成させた高橋由一は、日本油絵の指導者となり、数多くの後進を育成していきます。

油絵は時代とともに変化していきます。ただ、久保清子の作品もまた、これらの先人の努力を受け継ぎ、引き継いだものであることは間違いありません。

日本画絵画