平松宏春作 純銀打ち出し花器『薔薇』

東京都豊島区のお客様から、平松宏春作 純銀打ち出し花器『薔薇』をお買取りしました。

平松宏春(ひらまつ ひろはる)は昭和期に活躍した金工家です。
明治29年に兵庫県に生まれ、彫金家の桂光春に師事。そこで彫金の基本を学び、昭和9年に帝展に初入選をはたしました。以後は順調に作家として作品を発表し続け、しだいに日展工芸部でも注目の存在になりました。

昭和26年に日展の特選を受賞、昭和29年には日展審査員をつとめ、ほか関西総合美術展、大阪府・市展などでも審査員を担当するなど、彫金・金工の普及に尽力した人物です。
また後進の育成にも非常に力を注ぎ、現代工芸美術家協会参与、大阪芸術大学教授などを歴任しました。大阪府芸術賞を受けるなど、日本の金工界をリードし続けた作家です。

その作風は、上品で格調の高い雰囲気が特徴。品の良さから宮内庁のお眼鏡にかない、買上げとなった作品も多くあります。皇居や東宮御所、常陸宮家への献上品になった品々です。

今回のお品物は、バラ模様が打ち出された純銀の花器。丸く安定感のいい純銀の花器の胴体に、大小さまざまなサイズのバラの花が打ち出されています。打ち出しの技法では純銀の板を裏から丹念にたたいて模様を打ち出していきます。こちらの花瓶でもバラの花弁がかすかに盛り上がり、地の銀との間に高低差ができてより一体的になりました。

純銀