鑑賞石 買取

鑑賞石の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い鑑賞石を処分したい
  • 所有している鑑賞石が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた鑑賞石の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた鑑賞石を、まとめて売りたい

ご安心ください!
鑑賞石買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

鑑賞石を高く売る方法

鑑賞石を高く売りたいのなら、
石についての広範な知識を持つ目利き買取業者に査定を依頼しましょう。

高く売る方法

鑑賞石の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
鑑賞石とは、見て楽しむための石です。日本では鎌倉時代から自然石を見て楽しむ伝統があり、昭和40年ごろには石ブームも巻き起こりました。

ブーム以降も一般の人がさまざまな石を集めたり、眺めたりするようになり、趣味として定着したようです。

お手元の貴重な石を売却しようと思うなら、鑑賞石について詳しい目利き鑑定士に相談しましょう。

たかが石だと思ってはいけません。非常に貴重で高額な鑑賞石もあるからです。


鑑定書など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
鑑賞石の査定では、保証書や鑑定書、購入時の箱など付属品も一緒に出しましょう。

鑑賞石は天然石です。産地や種類によって価値が大きく変わってくるので、売却時には買取店に鑑定書や保証書、産地が書いてある箱などを出すのがコツ。

鑑定士は石そのものを見て鑑定額を付けますが、保証書や鑑定書があれば買取価格が上がる可能性があります。無料査定時には、鑑賞石にまつわる書類や付属品はぜんぶ出しましょう。


評判の良い鑑賞石の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
鑑賞石の売却では、買取価格を比べることが大切です。査定をうけるときは、複数の評判がいい買取店で査定を受けましょう。

買取価格は店によって違います。それぞれの店が独自の鑑定で価格を計算するので、同じ金額が出ることはないのです。

鑑賞石の高価買取を狙うなら、わすれずに複数見積もりを取って調べましょう。


信頼できる鑑賞石の買取業者の選び方

鑑賞石の売却では石の無料鑑定を実施している
これまでに鑑賞石を買取したことがある業者を選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
鑑賞石の査定は、無料鑑定を実施している買取店に頼むといいでしょう。鑑賞石は種類が多く、梅花石や菊花石、赤石などがあります。

石なんてどの買取店へ持ち込めばいいのかわからないと思うときは、出張買取も鑑定料なしで実施している店がおすすめです。

鑑賞石はサイズによって非常に重く、買取店まで運ぶのが大変なこともあります。自宅で無料査定が受けられると便利ですから業者に出張費の確認をしてみましょう。


鑑賞石の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
鑑賞石を売りたいと思うなら、業者のホームページで石・鑑賞石・水石の買取実績がどれくらいあるか、見ておきましょう。

最近はネットオークションでも売られている鑑賞石。石の種類に応じて落札価格も高額になっています。

落札価格を参考にして、買取店のホームページで公開されている買取価格をチェック。意外と高価買取になる鑑賞石も多いので、事前のチェックで信頼度の高い業者を選び、損のない売却にしましょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

鑑賞石について

「鑑賞石」とは、文字どおり見て楽しむ石です。日本では鎌倉時代から「石を鑑賞する」という文化があります。加工していないありのままの自然石を眺めて、その精神世界を楽しむという伝統文化です。

当初は天皇をはじめ公家や武将などの上流階級がたしなむものでしたが、昭和40年ごろに空前の石ブームが起き、一般の愛石家・石愛好家が多数誕生。

伝統文化として精神性の高い石の鑑賞のほか、純粋に見たままの石の姿を楽しむ方法もあり、鑑賞石のすそ野が広がりました。

観賞用の石としては、石に絵柄が付いているように見えるものが好まれます。菊花石・梅花石は「眺めて楽しむ石」の代表格。

菊花石は暗緑色の石で、内部に菊の花のような模様が散らばっている珍しい石です。

岐阜県根尾谷産の菊花石が有名ですが、国の特別天然記念物に指定されているため現在は採掘ができません。希少価値から価格が高騰している石です。

ほかにも北海道旭川市でとれる古潭石(こたんいし)、関西エリアでとれる瀬田川石(せたがわいし)、などがあります。

石ブームは一時より落ち着きましたが、いまもネットオークションなどが盛んにおこなわれており、新たな趣味ジャンルとして定着した様子が見られます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談