神奈川県の骨董品買取は福助へ

神奈川県内で骨董品買取なら、福助にお任せください。

買取福助では、神奈川県の美術品、古美術品、骨董品(古道具)の買取を実施しています。

お引っ越しや生前整理、ご実家の解体、遺品整理などで美術品やアンティークが出てきてどうしたらよいか分からない、そんな方はぜひ買取福助にご相談ください。故人が大切にしていた骨董品から作家名の分からない掛軸や陶磁器まで、どんなに大量のアイテムがあっても、その中から価値ある品物を探し出し、高価買取をいたします。

創業から65年をほこる骨董品買取の専門業者買取福助が、実績とノウハウを活かしてお困りの皆さまのお手伝いをいたします。

神奈川県の骨董品買取実績

神奈川県で骨董品を高く売る方法

それでは、神奈川県で骨董品を高く売る方法を順にご紹介します。
ご家族でぜひ参考にしてください。

高く売る方法

骨董品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
骨董品には、定価や明確な相場がありません。骨董品の価格は、需要と供給のバランスでしばしば変動することさえ珍しくありません。

高価そうに見えて実は贋作だというケースがある一方で、価値がないように見えても実は愛好家なら誰もが憧れる逸品だったというケースも。

そのため、骨董品の価値を正しく見極め、その価値を知る人に売却できるノウハウをもった目利きに鑑定を依頼しなければ思わぬ損をしてしまう可能性もあるのです。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
骨董品は作品の来歴や作家名が明らかになることで、その価値をグッと上げることができます。

そのため、作者の落款が入った共箱や作品に添えられていた手紙や但し書きといった付属品も、忘れずにそろえて査定に出すようにしてください。

これらは作家名不明の作品の出自を調査する手がかりになると同時に、作品の箔にもなります。つまり、高額で買取される可能性を高めてくれる重要なアイテムです。


評判の良い骨董品買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
骨董品には定価がないので、査定額は業者によって変動します。価格の変動は、買取業者のもっている販路はそれぞれ違いがあるため、需要と供給のバランスが各業者によって異なることも関係しています。

ゆえに、一社のみで売却先を決定するのではなく、いくつかの骨董品買取業者に見積もりを依頼し、それぞれの対応や価格を比較してみることをオススメします。

その際は、サイトの口コミなどをチェックして評判のよい買取業者を選ぶようにしましょう。


信頼できる骨董品買取業者の選び方

では、見積もりを依頼する買取業者はどのように選ぶべきでしょうか?
チェックポイントを見ていきましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
骨董品の査定は、無料のところと、鑑定料や出張範囲に応じた出張費を請求する業者がいます。交通費や経費の実費など正規の料金ならあまり問題ないかもしれませんが、なかには査定後に高額かつ不当な鑑定料、出張費を請求する悪徳業者もいます。

事前に費用がかかるかかからないか、また費用が生じるならどれくらいの金額なのかをきちんと確かめておく必要があります。


骨董品の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
骨董品とひとくちにいってもそのジャンルや年代、アイテムの数は幅広く、査定には豊富な知識と真贋を見極める経験が必要になります。

依頼する業者にそうしたスキルがそなわっているかどうかは、買取実績でチェックしましょう。ホームページに買取実績を掲載している業者や、ブログで買取状況の報告をしている業者がオススメです。

買取実績の数が多ければそれだけ経験豊富とみてよいのではないでしょうか。


神奈川県のお客様の骨董品買取体験談

A様 江戸時代の掛軸の多数お買取り

福助
福助
『江戸時代の掛軸を多数買い取らせていただき、ありがとうございます。こちらはもともとどなたのコレクションでしょうか?』

A様
A様
教員だった祖父が集めていたものです。歴史好きが講じて20代の頃から同好の士や骨董品店を訪ねて収集していたようで、数が多いため遺品整理で途方にくれていました。買い取っていただけてこちらこそありがとうございます。

福助
福助
『たいへんなコレクターでいらっしゃったんですね。』

A様
A様
長年収集していたので、現在の価格にして総額300〜500万円くらい使っていたのではないでしょうか。次のコレクターに譲っていただければ祖父も嬉しいと思います。

B様 陶磁器数点をお買取り

福助
福助
『ご実家の離れを解体するとのことで、陶磁器数点を買い取らせていただきました。中には人間国宝の作品もあり、たいへん希少なものをありがとうございます。』

B様
B様
実家に住んでいた大叔母、祖母はともに茶道をたしなむ人だと聞いておりました。30年ほど前に、百貨店で当時100万円くらいの陶磁器を購入したと話していましたがおそらくこの陶磁器のことでしょうね。

福助
福助
『離れに保管されていたので保存状態がよく、共箱も揃っていましたので高値で買い取らせていただきました。』

B様
B様
いとこ夫婦の元に同居している大叔母にも伝えたら、たいへん喜んでいました。離れで埃をかぶっているよりも、愛好家にお譲りするのがいいと申しておりました。
査定無料査定無料
0120-777-064

お問合せ

フリーダイヤル LINE査定 無料相談