藤田嗣治

藤田嗣治:戦争に翻弄されフランスに帰化した「透き通る白」の画家

藤田嗣治(ふじた つぐはる 1886-1968年)は、日本で生まれ、フランスに帰化した画家です。
帰化後はレオナール・フジタという洗礼名を用いました。

嗣治は森鴎外の後任として陸軍軍医総監まで昇りつめた父をもち、東京市牛込区(現新宿区)に生まれました。

子どもの頃から絵画に親しみ、森鴎外の薦めも手伝って東京美術学校(現東京芸術大学)に進学しますが、当時の校風とは対極の画風だった嗣治の成績はふるいませんでした。
在学中は、展覧会でも無視される日々を過ごしています。

不遇の時を過ごした嗣治はパリへ飛び、モンパルナスに住まいをもって才能を開花させます。
ここでモディリアーニやピカソ、同時期に渡仏していた島崎藤村らと出会い、キュビズムやシュールレアリスムといった新しい技法にもふれます。

ちなみに、この頃はフランス人にも発音しやすいように、自分の名前を「ツグジ」と読ませていました。

モンパルナスに住み始めてから1年後に勃発した第一次大戦によって生活は困窮しますが、戦後の好景気に乗る形で成功します。

この頃に発表した透き通るような白の表現は、熱狂的な支持を集めました。
しかし、第二次世界大戦によって日本へ帰国せざるを得ず、また日本では戦争協力者として批判を浴びる立場に追い込まれてしまいます。

日本に受け入れられなかった嗣治は終戦後にフランスへ帰化、日本国籍を抹消しました。
戦争に翻弄された嗣治ですが、その絵画は高く評価され、フランス政府からはレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章、日本政府からは勲一等瑞宝章を贈られています。

絵画買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル