版画・リトグラフ買取・無料出張査定なら63年の実績

版画・リトグラフ買取

技法や種類の多い美術品である銅版画、木版画、リトグラフ(石版画)、シルクスクリーンなどの版画・リトグラフ買取は、創業63年の信頼と実績をもつ、福助にお任せください。
相場を熟知した専門の鑑定士が、無料査定・鑑定を行います。著名な作家の作品は、骨董品として価値があります。店頭での買取以外に、電話での無料相談やLINE査定、出張買取(目黒区・品川区・大田区・世田谷区・渋谷区・港区など東京都内地域限定)も行っています。価値がわからない版画などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

版画・リトグラフの買取価格・実績紹介

  • ジャック・デペルト/版画
    品川区の版画買取実績
    ジャック・デペルト/版画「Le canal」
    12,000
  • ベルナール・ビュッフェ/リトグラフ
    目黒区のリトグラフ買取実績
    ベルナール・ビュッフェ/リトグラフ
    65,000
  • 東郷たまみ/直筆サイン入リトグラフ
    東京都渋谷区のリトグラフ買取実績
    東郷たまみ/直筆サイン入リトグラフ
    8,000
  • パブロ・ピカソ・リトグラフ
    大田区のリトグラフ買取実績
    パブロ・ピカソ/リトグラフ
    120,000
  • 井堂雅夫/木版画
    港区の木版画買取実績
    井堂雅夫/木版画「白沙村荘」
    25,000
  • 山本容子/エッチング手彩色銅版画
    世田谷区の銅版画買取実績
    山本容子/エッチング手彩色銅版画
    25,000

買取実績一覧はこちら

版画・リトグラフ買取で福助がお客様に選ばれる「6つのポイント」

買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント

  1. 高価買取!

    高価買取!

    国内大手オークション会社顧問を勤める版画・リトグラフ鑑定に精通したスタッフが市場調査を徹底して行い、適正価格を把握しているため高価買取が可能です。

  2. 鑑定力に自信あり!

    鑑定力に自信あり!

    美術品の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の代表が、版画・リトグラフを誠実に鑑定いたします。

  3. 63年の実績!

    63年の実績!

    昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた63年続く信頼の実績で確かな鑑定を行います。

  4. 査定料・出張費無料!

    査定料・出張費無料!

    版画・リトグラフの査定はもちろん無料!
    お客様のご都合に合わせて、ご自宅までお伺い致します。東京都心・城南六区は無料で出張!

  5. 便利な駅チカ!

    便利な駅チカ!

    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカで便利!

  6. 現金払い!

    現金払い!

    高額商品でも、査定金額にご満足いただけましたら、その場で現金買取させていただきます。


高価買取できる理由

版画・リトグラフを売りたいお客様、
こんなお悩み
ございませんか?

  • 価値の分からない古いシルクスクリーンを鑑定してほしい
  • 故人が大切にしていたリトグラフ作品を買い取ってほしい
  • 版画を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはご相談ください。「買取福助」は、版画・リトグラフの買取に関するどんな些細なお悩みにも、丁寧にわかりやすくお答えいたします。
お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取福助ならご要望に応じて
4つの買取方法が選べます。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 遺品買取

版画とは?

版画は、木版・銅版・石版などを用いて刷った絵のことです。版画は、絵画とは違い、原版がある限り複数枚の絵画を制作することができます。ただし、手作業のため手間がかかり、多く刷ると原版が磨耗するため、作品によっては多く出回っていない作品があります。そのような作品は、需要が高く、高額買取につながります。また手彩色版画は、モノクローム版画に彩色で加筆したものです。作家自身が行っており、色彩もひとつひとつ異なるため、高価買取になる場合があります。

版画の種類や技法

版画の種類は、材質によって木版画、銅版画(エッチング等)、リトグラフ(石版画)、
シルクスクリーン(孔版等)などに分けられます。版画技法(版の形式)は、凸版(とっぱん)、凹版(おうはん)、平版(へいはん)、孔版(こうはん)に分けられます。

・木版画(凸版)

古くからある木版画は、木製の原版の凸面に絵の具やインクをつけ、紙などに押し付けて制作される絵画のことです。木版画の代表的で有名なものは、浮世絵です。

・銅版画(凹版)

銅版に絵柄を彫り、彫られた凹部にインキをつめ、プレス機で印刷した絵画のことです。

・リトグラフ(石版画・平版)

アルミ板等(平らな石灰石)の上に、油性のクレヨンなどで直接図版を描き、その上に液を塗るとと、水と油の反発がおき、絵の部分だけにインキが付着するので、平らな版面のまま印刷したものがリトグラフです。リトグラフを活用した有名作家には、マルク・シャガール、ピカソ、東山魁夷などがいます。

版画鑑定のポイント

ジャンルに関わらず、有名な作家の作品は、高い骨董価値があります。そのため、版画の買取をする場合は、鑑定士による真贋の鑑定を行います。鑑定とは、その作家の絵が偽物か本物かを見分けることです。
作者本人のサインはもちろん、版画には、通常番号としてアラビア数字とローマ数字の、エディション・ナンバー(番号)がつけられています。例えば、121/200などの記載があれば、200枚作成されたうちの121番目ということになります。他にも、部外番号(EA版、AP版等)がありますが、こちらは、作家が制作記念などで関係者や知人などに贈呈するために、作品につけられた整理番号です。また、HC版は「非売品」の作品であるということを表しています。

「退色や汚れなど」がないかチェック!

日本画・西洋画と同様に、版画に関してもシミ、汚れ、焼け、退色等があるかないかで、買取査定が左右されます。ですから、版画の保管状態がかなり良ければ、高額買取につながる可能性が高くなります。また、版画の買取には、幾つかの要素により価格が異なってきます。版画の状態をはじめ、技法、作品のテーマやモチーフ、サイズ、作家の署名、箱書きや箱の有無、いつ頃かかれたものか(制作年代)、作品の仕上がり(凡作か傑作か)、版画の発行枚数、額の価値などで、査定価格が決まります。

買取できる絵画の種類

版画・リトグラフを高く売るなら鑑定力のある専門店がおすすめ

お客様の大切なお品物は
私たちが鑑定します。

鑑定士のご紹介はこちら

買取・査定方法

買取福助ならご要望に応じて
4つの買取方法が選べます。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 遺品買取

版画・リトグラフの出張買取は簡単4ステップ

版画・リトグラフを処分したいけれど、重くて持ち運びが大変!
そんな方には、「版画・リトグラフの出張買取」サービスがおすすめです。

出張買取地域

港区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区

買取の流れ

3STEPでカンタン!

  • Step 1
    鑑定

    ステップ1

    鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

  • Step 2
    お見積り

    ステップ2

    『古い品物の価値を知りたい・・・』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

  • Step 3
    買取成立・
    お支払い

    ステップ3

    査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

版画・リトグラフ買取について

版画は、彫刻や細工を施した版にインクを塗布し、紙に写し取るという技法で作られた作品をさします。版画は製作方法によって、凸版画、凹版画、平版画、孔版画という4つのジャンルに分類することができます。凸版画は、木材やゴム、リノリウムの版の凸部分にのみローラーなどでインクを塗布し、紙にインクを写し取る製作方法で作られた版画です。このうち、木材を彫刻刀で削ったものを木版画といい、江戸時代には東洲斎写楽や葛飾北斎、喜多川歌麿らがこの技法で版画を製作しました。ちなみに、棟方志功は木版画を「板画」という独自の呼び方であらわしていました。これとは反対に、凹部分にインクを残すように製作するのがルネサンス期以降の西洋で広く用いられていた凹版画です。版は銅がよく使われています。凹部分の作り方は、版に刻んでいくのを直接法、酸などの薬品を使って侵食させる技法を間接法といい、作品に合わせてこれらを複合的に用いることもあります。平板画は、リトグラフという名称でも知られています。水と油が互いにはじきあう性質を利用したもので、ロートレックがポスターを描く方法として採用していたことが有名です。孔版画は、名称の通りインクの通過する穴をあけて写し取る技法です。ステンシルとシルクスクリーンが、よく知られています。これらの版画のうち、版画作家が直接携わったものがオリジナル版画と呼ばれます。オリジナル版画の定義は、日本現代版画画商共同組合によってさまざまな定義がなされています。オリジナル版画は版画を製作する目的で作家が下絵を描き、いずれかに製版したものでなくてはならず、作家自身もしくは作家の指示の下で職人が刷ったものでなくてはなりません。エディションNo.や署名が入っているもの、限定部数を刷った後に原版が処分されているものがオリジナル版画として認められています。一方で、原作画家や管理者の許諾の下、第三者が製作した版画はエスタンプと呼ばれています。エスタンプは複製ではありますが、時にオリジナル版画以上の高値がつくこともあります。

リトグラフは平版画という版画の一種です。製作の工程は、孔版画や凹版画、凸版画といったほかの版画よりも複雑で描画、製版、刷りという3つのステップを経て製作されます。水と油の反発作用を用いるその作り方は、18世紀のヨーロッパで偶然発見されました。線の力強さや、クレヨン、インクといったさまざまな画材のテクスチャーを忠実に再現できることから、美術品として人気を集めています。ちなみに日本で初めてリトグラフをあらわしたのは、写真家の下岡蓮杖といわれています。1868年に「徳川家康像」という石版画を発行しました。リトグラフを活用した著名な作家にはオノレ・ドーミエ、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、ピエール・ボナール、マルク・シャガールなどがいます。ドーミエは風刺画家で、ロートレックやゴッホに影響を与えた人物です。また、ボナールはポスト印象派とモダンアートのはざまに位置する画家として知られています。ロートレックは、ポスターを描く際、当時としては新しく斬新なリトグラフの技法を好んで用いていました。彼ら以外にもきらびやかで細密な筆致が特徴のアルフォンス・ミュシャ、「叫び」や「不安」、「マドンナ」といった代表作をもつノルウェーの国民的画家であるエドヴァウド・ムンク、トリッキーなだまし絵で見る者を翻弄するマウリッツ・コルネリス・エッシャー、多作家としても有名なパブロ・ピカソ、米国の日常風景を切り取った作品を描き続けたノーマン・ロックウェルらも、リトグラフを活用した作家の一人です。日本人では、明治時代の画家である石井鼎湖や山本芳翠、初の洋画家とされている高橋由一、美しい女性像を得意とした岡田三郎助などがリトグラフの活用画家として挙げられます。また、水墨の抽象画で独自のスタイルを確立した篠田桃紅、昭和を代表する国民的画家である東山魁夷らのリトグラフも、数多く発表されています。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル