前田青邨の買取

前田青邨の買取

前田青邨:歴史画に独自特の画法と風韻を持ち込んだ日本画家

前田青邨(まえだせいそん)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

岐阜県に生まれ、幼少期より画才をあらわし16歳で上京。大和絵に造詣の深い梶田半古(かじたはんこ)の弟子になり、有職故実や絵巻物の模写に励みました。

また、國學院の聴講生としても古典文学を学ぶなど、幅広い教養を身につけました。明治40年に同門の先輩小林古径とともに、安田靫彦(やすだゆきひこ)、今村紫紅(いまむらしこう)らによる紅児会へ参加。日本美術院の設立にもかかわりました。

日本絵画協会日本美術院連合共進会に武者絵の「金子家忠」を出品して初入選。第五回内国勧業博覧会に「防箭」を出品して褒状をうけ、第十四回日本美術院・日本絵画協会共進会に「夕顔」を出品して1等褒状をうけるなど受賞を続けていきました。

転機となったのは、小林古径と行った1年間のヨーロッパ留学でした。日本画と洋画のあいだで迷っていた前田青邨は、留学後に独自の画風を切り開きました。帰国して6年後に発表した「洞窟の頼朝」が絶賛を浴び、1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命。

前田青邨の特徴は、巧みな構図と的確で流麗な線描にあります。「洞窟の頼朝」では画の線を彩色で消してしまうという大胆な技法を用い、徹底した時代考証でディテールにリアルさを添えました。豪華な装飾美をともなう画面構成は現代においても強い吸引力を持ち、骨董界でも非常に人気のある画家です。

日本画買取

日本画の高価買取・査定なら年間買取実績10,000点以上の買取福助におまかせください。日本画は、真贋の鑑定が難しいため、専門家の鑑定が必須です。買取福助では、骨董の本場京都で修行を重ねた確かな鑑定眼を持つ熟…

買取強化中の日本画家一覧

横山大観橋本関雪安田靫彦菊池契月西山翠嶂堂本印象鏑木清方上村松園前田青邨松林桂月
小林古径森寛斎田崎草雲守住貫魚橋本雅邦野口幽谷滝和亭幸野楳嶺岸竹堂山名貫義川端玉章
荒木寛畝熊谷直彦望月玉泉今尾景年野口小蘋竹内栖鳳寺崎広業小堀鞆音川合玉堂下村観山
富岡鉄斎山元春挙小室翠雲

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル