菊池契月の日本画買取|日本画買取・鑑定なら創業62年の実績【福助】へ

菊池契月の買取

菊池契月:伝統的な日本画の画法をベースに現代性を感じさせる大家

菊池契月(きくちけいげつ)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

長野県に生まれ、幼少より絵を好み、南画家の児玉果亭(こだまかてい)の弟子になります。しかし家族の反対があって画家になることが難しく、呉服屋や製紙工場、町役場などの職を転々とします。画家への夢は断ちがたく、1896年(明治29)に家を出て京都に向かいました。

京都では南画家の内海吉堂に師事し、やがて市の紹介で四条派の菊池芳文(ほうぶん)の門下に入ります。菊池芳文は、当時、竹内栖鳳や都路華香、谷口香嶠とともに「幸野楳嶺(こうのばいれい)門下の四天王」と評された京都画壇の重鎮でした。花鳥画を得意としていた画家で、菊池契月はここで四条派の画法をじっくりと学びます。

やがて新古美術品展に出品して受賞、第一回文展では「春暖」が受賞するなど、展覧会に出品した作品は次々と受賞しました。のちに渡欧し、帰国後は帝国美術院会員になり、1934年(昭和9年)に帝室技芸員に任命されました。京都市立絵画専門学校で後進の指導にあたり、同行の校長もつとめました。

菊池契月の画風は、大和絵の古典的な画法がもとになっています。代表作に挙げられる「供燈(ぐとう)」や鉄漿蜻蛉(おはぐろとんぼ)」、「立女(りつじょ)」などは、どれも静謐な画面にやわらかな表情があり、見ている人の気持ちがなごみます。
今見てもモダンな画面構成の絵には根強いファンがいて、評価の非常に高い作家です。

菊池契月の掛軸・屏風の買取で、お悩みございませんか?

買取福助に任せて安心

創業62年の福助では、確かな鑑定力で帝室技芸員作品の高価買取中です!

貴重な菊池契月作品の処分や整理、鑑定・買取でお悩みであれば是非お気軽にご相談ください。

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはご相談ください。「買取福助」は些細なお悩みにも、お答えいたします。

お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。お悩みをスッキリと解決いたします。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取福助だけの6つの安心サービス、「創業62年」「大手オークション会社顧問」信頼の実績!誠実査定、無料鑑定、無料出張、かんたんLINE査定、遺品整理、即日現金支払

買取福助だけの6つの安心サービス、「創業62年」「大手オークション会社顧問」信頼の実績!誠実査定、無料鑑定、無料出張、かんたんLINE査定、遺品整理、即日現金支払

鑑定・買取方法のご案内

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

店舗情報

フリーダイヤル:0120-777-064
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・水曜
 
買取福助 大岡山店
買取福助 大岡山店
〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
電話:03-6425-9735
 
買取福助 銀座店
買取福助 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル5階

Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリー
ダイヤル