京都画壇について

京都画壇について


千年以上の歴史がある京都は、江戸に次いで多くの画家たちが集住しています。京都は、明治以降から現代に至るまで、日本画(日本の絵画)の中心地となり、美術界を牽引してきました。

京都画壇の日本画買取なら福助へ

日本画というジャンルの誕生

そもそも日本では、明治に西洋画が輸入されるようになるまでは、日本画というジャンルの意識はなく、水墨画、大和絵、浮世絵、文人画、狩野派、土佐派、円山四条派などの様式や流派で認識されてきました。

受け継がれる日本画の独自性と精神性

日本に西洋画が入ってきたことにより、日本画の独自性や精神性を守るために、様式や流派を超えて「日本画」というジャンルが誕生されたと云われています。日本画は、時代により様々な変化をしてきましたが、天然の岩絵具に膠(にかわ)を混ぜて描くという基本は、現在まで受け継がれています。

日本画の買取は無料出張買取が便利

福助では、栖鳳、松園など京都画壇画家の作品の無料出張買取にも対応しております。

港区、大田区、世田谷区、渋谷区、品川区、目黒区は最短30分でお伺い致しますので、日本画買取なら福助へお問い合わせください。

京都画壇について

画塾と画壇

京都の日本画家は、ほとんどが画塾(画家が任意に主宰する絵画の私塾)に入門しており、明治13年に、京都府画学校が開校してからも、そのスタイルは変わりませんでした。
京都では、画学校で習う絵画教育と、画塾による独自性をもつ教育が、京都画壇形成のひとつの推進力と考えられていたからです。

日本の主な画塾

画塾は、絵画教室をはじめ、絵画の養成所や研修場所として、また仲間と切磋琢磨して自己表現を探究する場所として利用されるなど、その形式は様々です。主な日本画の画塾は、京都画壇、東京画壇、大阪画壇などに分かれています。京都画壇(がだん)とは、京都の日本画家たちで形成されるコミュニティー(地域組織)のことです。

京都の画塾の種類

京都の画塾には、竹内栖鳳主宰の竹杖会、菊池芳文画塾、西山翠嶂が創立した青甲社、堂本印象主宰の東丘社、中村大三郎画塾、山元春挙主宰の画塾早苗会などがあります。

京都画壇が輩出した日本画家たち

明治中頃までは、鈴木百年(鈴木派)、森寛斎(森派)、幸野楳嶺(円山・四条派)の画塾が京都画壇の中心となっていました。鈴木百年の門下には、鈴木松年や今尾景年、森寛斎の門下には、山元春挙や川村曼舟などが輩出されています。

京都画壇四天王

以降、日本画界で大きな派閥をもち、京都画壇で一大勢力となった円山・四条派の伝統を引き継ぐ、楳嶺四天王の画塾が中心となっていきます。四天王と呼ばれる幸野楳嶺(ばいれい)の弟子は、竹内栖鳳(せいほう)、菊池芳文(ほうぶん)、都路華香(かこう)、谷口香嶠(こうきょう)です。

栖鳳の画塾門下生

特に、栖鳳の画塾「竹杖会」は、最も大きく、門下から優れた人材が輩出されています。門下には、徳岡神泉をはじめ、上村松園、西山翠嶂、小野竹喬、橋本関雪、土田麦僊、西村五雲などがいます。

近代の京都画壇

近代の京都画壇は、円山・四条派が中心となり伝統を継承していましたが、一方で西洋画法なども積極的に学んでいきました。様々な表現に挑戦しながら「日本画とは、どうあるべきなのか?」を模索し続けました。

日本画の巨匠・竹内栖鳳

竹内栖鳳は、東の横山大観と並び、西の栖鳳と称されたほどの日本画の巨匠です。また、近代日本画の先駆者でもあります。戦前の京都画壇を代表する総帥(そうすい)として、多くの逸材を育成したと共に、円山・四条派の写生を基礎とした画法に、西洋画法を取り入れた独自の画風を確立しました。

日本画家・栖鳳作品の特徴

栖鳳が描く作品の特徴は、圧倒的なリアリティと躍動感です。特に、動物のなにげない表情や毛一本一本までが丁寧にリアルに描かれているのが特徴です。36歳の時には、ヨーロッパを視察し、当時日本では、まだ見ることができなかったライオンや美しいヨーロッパの風景などを描き、大きな話題となりました。また、探究心が強く、自分の目に映るものを全て描いたと云われています。

竹内栖鳳の代表作

そのため魚から鳥、うさぎ、猫、ライオン、人、中国やヨーロッパ風景など、様々な作品が残されています。主な作品には、重要文化財『斑猫』『絵になる最初』をはじめ、『秋興』『大獅子図』『アレ夕立に』『群鵜』『平家驚禽声逃亡』などがあります。

絵画関連のおすすめ記事

絵画買取

ギャラリーなどで販売されている著名な作家作品から、価値のわからない絵画の買取は、絵画買取専門店・福助にお任せください。創業年に及ぶ信頼と、多数の買取実績をもとに、市場調査を徹底に行い、常に新しい価格情報…

  • 絵画買取店の選び方

    絵画は身近な骨董品のひとつです。絵画をコレクションしていない方でも、所有しているケースが多い美術品なのです。しかし!愛着も飾る予定もない、押し入れや倉庫に眠っている絵画は、買取に出したほうがお得です。絵画…

  • 絵画の買取相場について

    絵画の買取相場が分かりにくい理由絵画をはじめとする美術品の値段を決めることは、とても難しいと言われています。絵画のオークションの落札価格などがニュースで大きく取り上げられることはよくありますが、「価…

  • 絵画の保存方法

    絵画の買取でもっとも重要視されるのは「作者名」ですが、その「保存状態」も買取価格を左右します。絵画は絵具や材質の関係上、とても傷みやすい美術品です。状態が良い絵画は、買取額も高くなります。絵画を売…

  • 絵画オークション驚きの落札額とは?

    お持ちの絵画、もしかしたらお宝かも。驚きのオークション落札額絵画を買取に出す時は、誰でもいくらで売れるか気になることでしょう。もちろん、よほどの名画でない限り驚きの買取額になることは少ないのですが、…

  • 絵画を賢く売る秘訣

    ネットオークション以外にも売却方法が? 絵画を賢く売る秘訣とは

    「家にある絵画を売却したいけど、どこで、誰に売ればいいのかわからない」という方、初めて売るならわからなくて当然です。この記事では、絵画を売る4つの方法と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。方…

  • 絵画の価値や値段はどのように決まる?

    絵画の価値や値段はどのように決まる?

    「亡くなった家族の持ち物から、見たこともない絵画が出てきた!」そんなとき、絵を見て、その価値や値段が分かる人は多くありません。この記事では、絵画の価値がどんなふうに決まるのかについてご紹介。修復すれば…

  • 絵画の豆知識

    絵画を売りたい方必見!高額査定につながる絵画の豆知識あなたの家には、しまったまま忘れている絵画がありませんか?絵画は飾って鑑賞したり、インテリアとして室内を華やかにするものです。もし特に愛着がなく…

  • 浮世絵

    損しない絵画の売り方。評判を比較して安心の業者を探すことから始めよう

    絵画買取は専門の鑑定士が安心絵画の鑑定はプロであっても難しいと言われています。だからこそ!絵画の買取で損をしないためには、鑑定士の選び方がポイントになるのです。福助の鑑定士について福助の鑑定は、…

  • no image

    絵画の高価買取なら、実績豊富な買取店へ

    絵画を高く売るコツ 絵画買取を希望されるお客様は、とても増えてきています。いっぽうで、売却したい絵の適正な買取価格をご存知の方は、それほど多くありません。なぜなら絵画の買取相場は非常に流動的で専門性が…

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル