梅原龍三郎の買取|洋画買取・鑑定なら創業62年の実績【福助】へ

梅原龍三郎の買取

梅原龍三郎:ルノワールに師事し、豪放磊落な画風を築いた巨匠

梅原龍三郎(うめはらりゅうざぶろう)は、大正・昭和期に活躍した洋画家です。

京都の染物問屋の子に生まれ、京都府立二中を退学して伊藤快彦(いとうよしひこ)の画塾・鐘美会で洋画の手ほどきをうけました。ついで浅井忠(あさいちゅう)の聖護院(しょうごいん)洋画研究所(のち関西美術院となる)に学びました。

のちにフランスにわたりパリのアカデミー・ジュリアンでバッセの教室に通ったのち、ルノワールのもとを訪れて以後はルノワールに師事しました。フランス滞在中に代表作の「首飾り」を制作。帰国直前まで精力的に制作に励み、帰国後にフランス滞在中の作品110点などを発表しました。

また二科会の創立にも参加し、新設された巽画会洋画部の審査員もつとめました。1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命され、東京美術学校(東京芸大の前身)の教授になり、文化勲章を受賞。

梅原龍三郎の作風は、豪放磊落なものです。洋画の画法を基本として昭和初期から肉筆浮世絵や琳派(りんぱ)、南画などをとりいれ、油彩に岩絵の具を使用するなど、独自の画風を作り上げました。

晩年はカンヌほか南フランス、イタリアに制作のための旅行をよくして、風景画や裸婦、静物画を描きました。恵まれた資質を開花させた巨匠で、没後も人気がまったく衰えません。

梅原龍三郎の絵画買取で、お悩みございませんか?

買取福助に任せて安心

創業62年の福助では、確かな鑑定力で帝室技芸員作品の高価買取中です!

貴重な梅原龍三郎作品の処分や整理、鑑定・買取でお悩みであれば是非お気軽にご相談ください。

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはご相談ください。「買取福助」は些細なお悩みにも、お答えいたします。

お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。お悩みをスッキリと解決いたします。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取福助だけの6つの安心サービス、「創業62年」「大手オークション会社顧問」信頼の実績!誠実査定、無料鑑定、無料出張、かんたんLINE査定、遺品整理、即日現金支払

買取福助だけの6つの安心サービス、「創業62年」「大手オークション会社顧問」信頼の実績!誠実査定、無料鑑定、無料出張、かんたんLINE査定、遺品整理、即日現金支払

鑑定・買取方法のご案内

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

店舗情報

フリーダイヤル:0120-777-064
営業時間:11時~18時
定休日:日曜・水曜
 
買取福助 大岡山店
買取福助 大岡山店
〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
電話:03-6425-9735
 
買取福助 銀座店
買取福助 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 銀楽ビル5階

Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリー
ダイヤル