ブログTOP

清水六兵衛作 瀬戸唐津花瓶

清水六兵衛作の瀬戸唐津花瓶
品目 -
価格 5,000円

清水六兵衛の瀬戸唐津花瓶をお買取りしました。

清水六兵衛(きよみず ろくべえ)は、江戸時代中期以来の230年以上の歴史を持つ京都を代表する陶工の名跡。

歴史と伝統に重きを置きつつも、常に新しいものを生み出し進化を続けているその姿勢は、多種多様で豊かな清水焼の存在を表しているかのようです。

現在の8代清水六兵衛は、父7代清水六兵衛(彫刻家清水九兵衛)の息子として1954年に京都に生まれます。本名は柾博。早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、京都へ戻り本格的な作陶を開始。グループ展などに多数参加し、これまでに数々の賞を受賞します。

作品の特徴は幾何学的な形状に、焼成時の形の変化を融合させてものでオリジナリティあるその形に、釉薬の生み出す効果を生かした作品を生み出しています。2000年に8代目となる清水六兵衛を襲名。旧来の伝統を踏まえつつも、現代の感覚を生かし、新たな作品の制作に日々取り組んでいます。
現在は京都造形芸術大学教授も務めています。

今回お買取りお買取りさせていただいた花器も独特の釉薬の効果を生かした素晴らしいお品物です。共箱にいれたまま保管をされていた時期が長かったようで、傷や汚れのないとてもきれいな状態でした。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up