ブログTOP

村上玄輝作 伊万里焼「染錦唐子絵高台鉢」

村上玄輝作 伊万里焼「染錦唐子絵高台鉢」
品目 村上玄輝
価格 35,000円

有田焼の陶芸家・村上玄輝の「染錦唐子絵高台鉢」をお買取りいたしました。

村上玄輝(むらかみげんき)は、九州・佐賀県出身の陶芸作家です。
1931年に佐賀有田町でうまれ、二十代の初めから陶磁器の制作を始めました。初めは有田焼の名窯・貞山窯(ていざんがま)で陶磁器の技術を学び、1965年からは名門・源右衛門窯(げんえもんがま)」に入社し、さらに深く技術を学びました。

とくに源右衛門窯では、古伊万里の染付や赤絵(あかえ)の技法を研究し、技術部長として活躍、その業績は高く評価されました。

のち、1975年に独立して自らの工房「玄輝陶房」を開窯。以後は、九州や近畿地方の有名百貨店で精力的に個展を開き、オリジナリティの高い作品を多数発表しました。

村上玄輝の作品の特徴は、赤絵・色絵の伝統的な技法をベースにしつつ、深みのある大胆な釉薬発色を生かして、さらに精緻極まりない線描を施していくことです。

長年にわたる、古伊万里の技術研究の成果をうけて、有田焼・伊万里焼らしい作品に、村上玄輝独自の色使いや線描を添えて独自の世界を切り開いていきました。

そのオリジナリティの高さから「古伊万里ルネッサンス」とまで呼ばれた華麗な技術を楽しむお品物には、非常に高額の査定が出ることも珍しくありません。

今回のお品物は、「唐子絵(からこえ)」をほどこした、高台鉢です。「唐子絵」は、江戸時代にまださかのぼる有田焼の伝統的な絵柄。
「唐子絵」は中国発祥とされていますが、有田焼では、松の木の下で蝶と遊ぶ子供を描いたモチーフを平戸藩御用窯の指定図柄としており、非常に重要なものです。

もともとは江戸時代に平戸藩が将軍家など高貴な肩へ献上する貴重な陶磁器だけに使用されていたという貴重な図柄。この「唐子絵」を全体のバランスが絶妙な高台鉢と組み合わせ、高度な技術で作り上げた見事なお品物です。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up