ブログTOP

旧日本軍 大礼服 飾帯(ケース付き)

品目 大礼服
価格 15,000円

旧日本軍 大礼服 飾帯(ケース付き)をお買取りいたしました。

大礼服(たいれいふく)とは、日本では明治時代から太平洋戦争の終戦時まで使用されていた儀式用の礼装です。大日本帝国の服制での最上級の正装であると言ってよく、正装・正衣(せいい)・正服とも呼ばれました。

華族および軍人は式典の際には大礼服で参加することになっており、華族用・軍人用・文官用にそれぞれ別の制式が定められていました。そのため、着用する大礼服を見れば身分および所属がわかるようになっていたのです。

大礼服はもともとフランスやイギリスなどヨーロッパの服制を取りいれて整備・改変したものですから非常に華麗で、胸や襟、袖口などに大きく刺繍をあしらってありました。

旧日本陸海軍の軍人の場合は、軍用大礼服が明治6年に制定。旧陸軍ではフランス式の「陸軍武官服制」が出され、将校と下士以下では色やボタンの数、デザインが異なっていました。

今回のお品物は、旧日本軍の大礼服に使用した飾帯です。大礼服と言う最上級の礼服にふさわしく非常に豪華な飾帯で、付属のケースも一緒にお買取りいたしました。

飾帯とは、大礼服の腰に巻く帯のこと。紅白のストライプの帯を腰に巻き、付属のバックルで止めて着用します。金色の房部分は垂らして使用。なお飾り帯の色は、階級や所属によって異なります。

大礼服には帽子や上衣、下衣だけでなく、飾帯や飾帯とおなじ服制にのっとって作られた肩章、サーベルなどの付属品が多数あります。一式セットになっていると、大礼服と付属品がすべて同じ階級でそろっていることになり、価値が高まります。

また、ふだんほとんど着用しない礼服のためいたみが少なく、良い状態で保存されているお品物が多いのが特徴です。
とくに旧日本軍の大礼服の場合は人気も資料的な価値もあり、高額の査定が出ることもあります。細かい付属品もまとめて、査定に依頼しましょう。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up