ブログTOP

古いバッジや勲章

品目 -
価格 3,000円

古いバッジや勲章をまとめてお買取りいたしました。

勲章は国が個人の功績をたたえるために授与するもので、バッジは着用している人の功績とともに所属している軍や組織内の階級・職位・経歴などもあらわします。
ひじょうにさまざまな意味合いが含まれているアイテムのため、ひとつひとつを眺めていても決してあきません。

勲章は主に衣服の胸部分に着けますが、バッジは衣類の襟や肩、肘に着用するものもあります。軍隊などの階級章や部隊章、兵科章などは制服の肩に着けることが多いでしょう。
また軍隊で制服につける横長のカラフルなものは略綬(りゃくじゅ)と言って、勲章の略式のものです。
略綬は左胸に着用し、授与された勲章の綬(じゅ・勲章を着用するためのリボン)を並べることで、本人の授与歴やキャリアをしめします。

このように本人の身分やキャリアをあらわすバッジのほかに、各種団体が作った記念メダルやノベルティ、お土産、社員証、資格証などもあります。
こういったバッジの多くは、ピンズ(Pins)と呼ばれるタイプで、裏面に金属の針が付いており、これを衣類にさして留め具で留めます。ちょうどアクセサリーのブローチと同じ仕組みです。

ピンズやバッジ類はサイズが小さくて、収納がしやすい。しかもバリエーションが豊富でデザインもさまざま、同じ団体が作ったバッジであっても、時期が違うと材質やデザインが異なるので、収集する楽しみが無限にあります。
材質も真ちゅう製のほかに銅や亜鉛合金、鉄、アルミニウム、ステンレスなどがあり、収集を始めたらきりがないほどです。

お身内の方がなくなった後、遺品の中から大量の勲章・バッジ・記念メダル類が出てきたというお話がよくあります。古いバッジの中には貴重なものもあり、高額査定されるものも少なくありません。ご家族で形見分けをされた後、まだたくさんの勲章やバッジがある場合は一括査定に出されるといいでしょう。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up