ブログTOP

ビスクドール アンティークジュモーSFBJ5号

アンティークジュモーSFBJ5号 ビスクドール
品目 -
価格 32,000円

ビスクドール アンティークジュモーSFBJ5号をお買取りいたしました。

ビスクドールとは、19世紀初頭から作られてきたフランス発祥の人形です。
もともとは15世紀ごろから製造が始まったと言われ、最初は等身大の大きな人形でした。

最初のビスクドールは社交界の貴婦人たちが自分の持っている豪華な衣装を着せるという目的のためで、お人形と言うよりは現在のマネキンに近い使われ方をしていたために大きかったのです。
当初のビスクドールは大人の女性のものでしたが、19世紀半ば以降になると子供のおもちゃとしても人気になりました。

ビスクドールの特徴は、身体は磁器製で、頭部は二度焼きされていることです。
「ビスク」とは、二度焼きを意味するフランス語で、釉薬(うわぐすり)を使わないで陶器を二度焼きすることで、人間の肌に近い透明感を作り出しました。

ビスクドールの美しい肌の色は陶磁器だからこそできたことなのです。
さらに大きくてぱっちりとした眼は吹きガラスを使用。
全身のどこをとっても非常に手の込んだ精巧なもので、制作に時間のかかるお人形でもあったのです。

ビスクドールの代表的なメーカーのひとつが、ジュモー工房です。1842~1899年のあいだ、ピエールとエミールの父子の工房が作り上げたビスクドールは、どれも個性的。父のピエール・ジュモーは、上品で美しいファッションドールを得意とし、息子のエミールは可愛らしくあどけないお人形を得意としました。
ビスクドールの数あるメーカーのなかでも、ジュモー工房が黄金期を作ったと言われています。

今回のお品物は、「アンティークジュモー」と呼ばれるものです。ピンク色の柔らかな頬やぱっちりした瞳、少し開いた唇など、愛らしさがきわだつアンティークドール。豪華なレースの帽子やドレスなど、ジュモーファンならずとも手に入れたくなるお人形です。

アンティークジュモーなど古いビスクドールの買取や査定は福助にご相談ください。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up