掛け軸の保管方法

掛け軸の保管方法

掛け軸の高価買取のために、知っておきたい保管の豆知識

掛け軸保管の知識

売るにしろ買うにしろ、品物の状態が良いほうが評価が高くなるものです。
特に掛け軸のように保存の方法次第で傷んでしまうような骨董品や美術品は、なおのこと状態で査定額も変わってしまいます。

逆にいうと丁寧に取り扱えばマイナス要因が減り、より正しい価格で評価してもらえるということです。掛け軸の保存方法について知っておき、少しでも高く買取ってもらいましょう。

掛け軸をしまうときは、季節や天候にも注意!

湿気、雨
掛け軸の大敵の1つは過剰な湿度です。カビやシミ、表具の劣化に繋がります。
ですから、掛け軸は飾るときもしまうときも、湿度を考慮に入れておかなくてはなりません。

しまうときは、まず表面のホコリを落とします。
コツは掛け軸には直に触らないこと。手ばたきなどを表面近くで軽く振って、柔らかな風をおこして優しく吹き払いましょう。

その後、乾燥した晴天の日に1日から2日ほど陰干ししてください。できれば季節も乾燥した日が多い、秋から冬にかけてをおすすめします。

陰干しは直射日光に当てないこと。吹きさらしやエアコンの風が当たる場所は避けること。箱も一緒に干して乾燥させることが大切です。

巻くときも、晴天が数日続いた昼間に行います。空気中の湿度が高いときに巻くと、隙間に水気を挟み込んでしまい、掛け軸のカビやシミの原因になってしまいますから注意しましょう。

掛け軸を保管するときは、桐箱を用意

掛け軸を桐箱で保管
骨董品である掛け軸は、桐箱が一緒についてくる場合が多くあります。

これは桐という木が防虫、防カビ、抗菌、温度湿度の調節といった性質を持っており、絵画や骨董品の保存のために優れた効能があるからです。

特にカビやシミができやすい掛け軸を保管する場合は、桐箱に入れたほうが安心でしょう。

和紙かウコン染めの布で掛け軸をくるんで桐箱に収めます。ウコン染めの布は防虫効果があるので、掛け軸の保管には効果的です。

また、桐箱を使うなら特に必要ありませんが、別の箱を使うか、より万全を期したいなら掛け軸用の防虫香を一緒に入れます。掛け軸に直接触れないように置きましょう。

箱をしまう場所は、押し入れの上段がおすすめです。通気性がよく湿度が低めの場所を選んで下さい。

つまりカビが生えないような環境が基準です。低湿度で温度も低め、風通しが良いところがいいでしょう。
ただしカビが生えなくても直射日光が当たる場所は避けて下さい。紫外線で絵も紙も傷んでしまいますから、飾るときも注意が必要です。

高く買取ってもらうために、掛け軸を綺麗に保管しましょう

以上のように簡単な陰干しを年に1回行い、桐箱に入れて適切な場所で保管することで、掛け軸の保存状態は格段に良くなります。

傷んだ掛け軸が多いなか、少しでも状態が良いものは貴重です。

掛け軸の価値は作者がもっとも大きなポイントですが、状態の良さも重要な要素になります。
掛け軸を高く買取してもらうためにも、お店に持っていくまでに劣化しないように丁寧に保管しておきましょう。

掛軸買取・査定なら東京大田区の古美術専門店【買取福助】

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル