内閣総理大臣特別慰労品 セーラー社 蒔絵万年筆

内閣総理大臣特別慰労品 セーラー社 蒔絵万年筆をお買取りいたしました。

「内閣総理大臣特別慰労品」とは、日本政府から戦後の強制抑留者および引き上げ者の方に対して、慰謝の気持ちをあらわすために贈られた特別慰労品のことです。特別慰労品の品種には旅行券や置時計などがあり、豪華な蒔絵の万年筆もそのひとつでした。

この万年筆は日本を代表する文房具メーカーであるセーラー万年筆社のものです。
セーラー万年筆社は1911年に阪田久五郎が広島市呉市で創業しました。創業時に若干28歳であった阪田久五郎は、1948年に文房具業界で初めてボールペンを発表したと言われ、1958年にはカートリッジ式万年筆を発売しました。

このカートリッジ式万年筆で特許を取得し、その後はミニ型万年筆や、ふでペンなど数々のヒット商品を輩出しました。

新しいタイプの文房具を生み出す一方、セーラー万年筆社では、伝統的な技法も重視して来ました。セーラー万年筆の代表作「プロフィット」には「長刀研ぎ」という熟達の職人による高い技術が使われ、ペン先が刀の剣先のように長くするどく研がれています。形が美しいだけでなく、トメ・ハネ・ハライがきれいに書き分けられる機能的な万年筆です。

今回のお品物にも、日本伝統の技法が用いられています。つややかな漆塗りの軸は蒔絵で金箔と螺鈿が飾られ、まるで夜の黒い川面を桜の花びらが流れていくようです。螺鈿の青みがかった輝きと金箔・漆の黒の対比があざやかで、文房具と言うより、美術品の域に達しています。

このようなお品は、お受け取りになった方が大事に保管されて亡くなられたあと、お形見分けでご遺族が初めて目にされることがあります。

貴重なお品でもありますので、ご遺族の中で「他に使ってくれる人がいれば譲りたい」というご意見があれば、査定に出されるのが良いでしょう。保管状態にもよりますが、高値が期待できるお品物です。

関連買取実績
骨董品の関連記事TOP

買取方法

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル