藤村明光作 男の子人形

藤村明光作 男の子人形

藤村明光の市松人形 男の子をお買取りいたしました。

藤村明光(ふじむらめいこう)は、市松人形制作を専門とする人形師です。
1953年に東京で生まれ、16歳で人形師である父親の初代・藤村紫雲のもとに弟子入りしました。

その後は1980年には中国へ東京都の伝統工芸訪中団の一員として訪問、1983年にはアメリカにわたりシカゴで製作実演をおこないシアトル市から名誉市民を授与されるなど、着実に実績を積んでいきました。

その後も海外での藤村明光の評価は高まり続け、1988年には当時のソ連・ゴルバチョフ大統領に市松人形一対を献上、ウィーンモーツァルト合唱団に市松人形を献上、1990年にはパリ装飾美術館に市松人形および創作人形が永久保存されています。

日本の数少ない専業人形作家として活躍中で、現在は、2010年に改めた名前「藤村光環(ふじむらこうかん)」で製作に取り組んでいます。

藤村明光の製作している「市松人形」とは、江戸時代の人気歌舞伎役者である佐野川市松の顔をモデルにして作ったと言われる子供の人形です。もともとは胴体を木くずで固めたもので作り、手足が動かせる玩具人形でした。

市松人形は、長い歴史の中で豪華な衣装をまとうようになり、次第におもちゃから観賞用のお人形へ変化していきました。

現在の市松人形は素材に石膏やポリウレタンを使用することもありますが、藤村明光はあえて昔ながらの素材にこだわり、桐の木や粘土の一種をベースにして、頭髪には人毛や絹糸を使用するなど伝統的な手法でお人形制作に打ち込んでいます。

今回のお品物は、藤村明光らしい利発な顔立ちをした男の子です。藤村明光のお人形はその目鼻立ちの品の良さから、一目見ればわかると言われます。

優しそうな目元と穏やかな表情は、かつての市松人形が公家の子女が遊び相手としていたころの品格と柔らかさをたくみにあらわし、持ち主の心をいやす力を持っているようです。

関連買取実績
人形買取TOP

買取方法

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル