ブログTOP

24金・龍の図バングル

品目 -
価格 80,262円

24金・龍の図バングルをお買取りいたしました。

龍は、中国の想像上の動物です。中国では、四つの瑞獣=四霊(しれい)が縁起のいい生き物としてさまざまな物のモチーフとして取り入れられています。四霊とは、麒麟(きりん)・鳳凰(ほうおう)・霊亀(れいき)・そして龍です。
四霊の中でも龍の歴史はとりわけ古く、古代中国では紀元前17~11世紀にかけて栄えた商(しょう)王朝での甲骨文(こうこつぶん・亀の甲羅や獣の骨に書かれた文字)にも、「龍」をあらわす文字が書かれています。

中国では、龍は深淵に住んで雷雨とともに天に昇り、空を自由に飛び回ることができるとされてきました。龍が天に昇ると雲がわいて雨を降らすということで、今なお中国や日本では水神および農耕神として信仰をあつめる存在です。

同時に、中国の龍はあらゆる動物の祖先とも考えられ、生き物の頂点に立つ最高の瑞獣とされたため、かつては中国皇帝の権力の象徴としても使用されていました。
とくに五爪二角をもつ龍の文様は、中国皇帝しか使用できない特別な文様。広い国土を支配する、皇帝の絶大な権力の象徴となり、皇帝の持ち物や衣類を飾りました。

今回のお品は、緻密な龍の透かし彫りをした金のブレスレットです。
もともと、中国では黄金を「邪気を払い、福を呼ぶ」縁起のいい金属として重要視します。同時に金製品を身に着けることで、無病息災や長寿、金運アップを願うのです。
たとえば赤ちゃんが生まれると両家の祖父母がお金を出し合い、金製品を贈ることがあります。
この場合には、男の子なら龍の金ブレスレットやネックレスを贈ります。ここでも龍の持つ縁起の良さや出世運につながる瑞祥が重んじられているのです。

日本のみならず、中国系のお客さまからの需要が高い金製品。もし龍モチーフのアクセサリーなどがありましたら、査定をお受けになると、現在の正確な価値が分かるでしょう。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up