短刀

短刀をお買取りいたしました。

短刀とは、長さ1尺(約30.3センチ)以下の刀をまとめて呼ぶ言葉です。短刀という呼び名は江戸時代以降に見られるもので、古くは刀子 (とうす)や刺刀 (さすが) ,腰刀 (こしがたな) とも言いました。

短刀は鎌倉中期以後に作られたものが多く,代表的な刀鍛冶としては山城の粟田口吉光(あわたぐちよしみつ),相州の新藤五国光(しんとうごくにみつ)などがいます。

日本における刀剣は武器と言うだけでなく美術品としての評価があり、古美術品の市場では短刀・刀ともに非常に重要なジャンルで、コレクターも少なくありません。

ただし、万が一コレクターが亡くなってしまうと、ご遺族が保管に困るのが日本刀です。
たとえばご遺品の中に刀があったとして、そのまま捨てることはできません。まずは登録証(銃砲刀剣類登録証)が必要です。

短刀や刀には、1本ずつ登録証が作られています。登録証には刀の長さや作者銘などが記載されているもので、所有者に対して発行されるものではありません。

ほとんどの登録証は、さやに巻き付けてあったり保存用の袋に収納されたりしています。短刀が入っていた箱や袋をよく探しましょう。

もし登録証が見つからない場合は、登録証を再取得します。
刀の登録は警察が行いますので、所轄の警察署の生活安全課などに届け出ます。刀本体と印鑑、身分証明書をもって警察へ行き、「発見届」を提出して、あたらしい登録をしてもらいます。

こうやって、みつかった短刀に対する登録証が取得出来たら、売買ができることになります。

今回のお品物は、非常に状態のいい短刀です。刀文(はもん・刀身に見ることができる波模様)がきれいに入ったみごとなもの。

刀は多少状態がよくないものであっても査定が可能なお品で、専門知識がないと正確な価値がわかりません。かならず経験豊富な鑑定士のいる買取業者に、査定を依頼されるといいでしょう。

関連買取実績
骨董品の関連記事TOP

買取方法

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル