献上手古九谷焼大皿

献上手古九谷焼大皿をお買取りいたしました。

九谷焼(くたにやき)は石川県の山中町九谷が発祥と言われる焼き物で、現在は石川県の能美市寺井町から金沢市、加賀市、小松市などを含むエリアで作られています。

九谷焼の歴史は江戸時代の初期にさかのぼります。1655年ごろに大聖寺藩の藩主・前田利治が九谷村で始めたと言われ、のちに藩士の後藤才次郎を現在の佐賀県へ送り、有田焼の基礎を学ばせてから本格的に制作が始まりました。

しかしこの窯はなぜか1730年ごろに閉鎖され、長いあいだ九谷では焼き物が作られていませんでした。
それが江戸後期に小松市で作られた若杉焼が成功したことを受け、ふたたび九谷焼を再興する動きが強まりました。1823年に古九谷の窯跡横に登り窯が作られ、九谷焼が再び作られます。

この時、お手本となったのが以前の窯で作られた陶磁器で、いわゆる「古九谷」と呼ばれるものです。
そして明治時代に九谷庄三(くたにしょうざ)の手による彩色金襴手が脚光を浴び、大量の九谷焼が海外に輸出されます。
やがてウィーン万博を経て「ジャパンクタニ」の名は、世界中に知られるようになりました。

今回のお品物は、いかにも古九谷らしい豪快で渋い色調の皿です。
古九谷の上絵付けは、本焼きした陶磁器の釉薬の上に顔料で模様を描いていきます。上絵付け終了後に再び焼き上げる技法で、有田焼と同じ方法です。

九谷焼の色は主に5色あり「九谷五彩」とよばれています。色は、赤・黄・緑・紫・紺青。
鮮やかな五彩をたくみに使い、絶妙な色のバランスを取っているのが古九谷の特徴だと言われます。

こちらの皿も、緑と黄色の組み合わせが目を引く色絵陶磁器です。
九谷焼では「上絵付を語らずに九谷はない」と言われるほど重要視されている上絵の見事な色使い、優美な絵模様が存分に楽しめる作品。
品位・風格があり、いかにも豪放磊落な古九谷を味わえるお品です。

関連買取実績