LLADRO リヤドロ「天使の宝もの」置物

LLADRO リヤドロ「天使の宝もの」置物をお買取りいたしました。

リヤドロは、スペインで1950年に創業された高級陶磁器ブランドです。
スペインのバレンシア近郊にあったリヤドロ兄弟の自宅に、小さな窯を築いて陶磁器を作り始めたのがスタート。

創業後わずか50年ほどで、そのクオリティの高さからヨーロッパはおろか世界中で愛される陶磁器メーカーに成長を遂げました。

現在では陶磁器製のランプシェードやカップなどのほか、リヤドロの代名詞ともいうべきフィギュリン(陶磁器の人形)の制作で知られています。

リヤドロのフィギュリンは14におよぶ全工程がすべて手作りという高級品。
パステルの温かい色合いに包んだフィギュリンは、精巧でありながらやさしい雰囲気と色合いが、女性から絶大な支持を集めています。

ただ優しいだけでなくまるで生きているようなたくましい生命力にあふれているのがmリヤドロのフィギュリンです今にも動き出しそうなリアルさは、世界的に有名なデザイナーやクリエイターを起用して、つねに作品に奥行きと広がりを与える企業努力から生まれたものなのです。

今回のお品物は、真っ白なウサギを抱いた少女の天使像。
腕に抱いたウサギを見つめる天使の表情は柔らかく、繊細な少女の成長を描き分けることができるというリヤドロの技術力が存分に生かされています。

また天使の頭部を飾る花輪も、息をのむほどの美しさです。
リヤドロといえば細かいハンドワークで作られた花が有名ですが、こちらの花々は熟練の職人によって花びらの一枚ずつが手作業で作られています。

繊細な花は2000種以上のなかから厳選されたカラーでひとつずつ色付けされ、ようやく完成します。

こちらのお品は、アーティストの高い技術と少女・動物・花という可憐なモチーフが一体化した、リヤドロフィギュリンのなかでも人気の高いアイテム。
ファンならずとも、手元の置きたい作品です。

関連買取実績