ブログTOP

肉筆水彩絵画:棟方志功『富士図』

品目 -
価格 150,000円

棟方志功 額装富士図をお買取りいたしました。

棟方志功(むなかたしこう)は、明治36年に青森市で鍛冶職の家に生まれました。
幼少時より絵を好み、18歳の時に文芸誌「白樺」に掲載されたゴッホの作品「向日葵(ひまわり)」を見て感銘を受け、ほぼ独学で油彩画を描き始めます。

友人の洋画家・松木満史(まつきまんじ)、彫刻家・古藤正雄(ことうまさお)とともに美術サークル「青光画社」を結成し、絵画研究を重ねた末、帝展入選を目指して1924年に上京しました。
帝展への入選はなかなか果たせませんでしたが、やがて木版画制作にたずさわるようになり、1928年には、日本版画協会展で初入選します。
同じ年には油彩画「雑園」で帝展にも初入選し、その後数年のうちに一気に「萬朶譜(ばんだふ)」や「大和し美し(やまとしうるわし)」といった、代表作を作り上げました。

その後、棟方志功は黒と白を基調とした独自の表現スタイルを追求し続け、193年には「勝鬘譜善知鳥版画曼荼羅」で第2回新文展の特選となります。
版画作品としては、官展における初受賞であり、棟方志功と版画作品の評価が一気に上がるきっかけとなりました。

今回のお品物は、額装された棟方志功の富士図です。
富士山と棟方志功のかかわりは深く、富士をモチーフとした板画(版画)や倭画(肉筆画)、油彩画は多数制作されています。
とくに有名なものは、棟方志功62歳の時に制作した「富嶽頌」という版画作品集。詩人の草野心平が富士山を詠んだ18篇の詩をモチーフとして、アメリカ滞在中の4か月間に24点の版画を一気に彫り上げたものです。

日本古来の美を象徴とする富士山は、それほど棟方志功の想像力を掻き立てました。
こちらの作品でも棟方は白と黒を巧みに使い、色を押さえているものの画面を生き生きとさせることに成功しています。
勢いのある筆づかいがこちらに迫り、画面上方に端正な姿を見せる富士山の美しさが引き立つ構成の作品です。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up