ブログTOP

古い中国の古銭 貸布

品目 -
価格 60,000円

古い中国の古銭 貸布のお買取りをいたしました。

中国の古銭は古代中国で使われていた貨幣から歴史が始まります。
古代中国は、紀元前770年~紀元前403年の春秋時代(しゅんじゅうじだい)や紀元前403年~紀元前221年の戦国時代などのこと。
春秋時代までは貝貨が使われていましたが、春秋時代以降は青銅器が普及したことにともない、青銅で作られた貨幣が使われるようになりました。

貨布(かふ)は、春秋戦国時代に使用されたをいう青銅製の貨幣です。不思議な形は鋤(すき)のような農具・工具を模して造られています。
一説によれば、「布」と言う字があてられているのは「鎛(ハク)」という農具を示す漢字と「布」と言う字の音が同じだからだと言われます。言葉の音が同じなため「布」の字が使われているので、素材は青銅で、布ではありません。

貸布のような中国古銭は、コレクターも多いアイテムです。
日本や世界中の中華街では、店先に古銭のレプリカをつるしてお守りにしています。いわば、中国における縁起物のひとつでもあります。
さらに中国の富裕層がこぞって古銭を購入しているという背景もあり、オークションなどでも非常に高額な価格で落札されています。

このように高い需要に比べて、中国古銭は専門店でもあまり目にすることがない貴重なものです。
以前は中国の古代遺跡の盗掘が激化したという背景があり、古代中国の古銭が一挙に市場に出回ったことがありますが、現在ではそんなことはできません。
古銭の価値はますます上がる一方なのです。

今回のお品物は、運よく多数でてきた貸布です。
貸布は比較的、目にする機会の多い中国古銭ですが、それでも真贋をきちんと鑑定する必要があります。
なぜなら、大量の本物の中国古銭と同時に、大量の偽物古銭も市場にあふれたからです。

もしお手元に、中国古銭のようなものがある場合は、真贋の鑑定がきちんとできる専門買取店に相談されるようお勧めします。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up