ブログTOP

明治工芸 銅製金銀象嵌花瓶一対

品目 彫刻・ブロンズ像
価格 200,000円

明治工芸 銅製金銀象嵌花瓶一対をお買取りいたしました。
日本の工芸技術には長い歴史がありますが、とくに幕末から明治にかけて制作された作品は非常に精巧なものが多いと言われます。

なぜなら外貨獲得のために日本の精緻な工芸品を海外に輸出するという目的があり、江戸時代以上に高度な技術をこらした美麗な作品が数多く作られたからです。

そのころの工芸品は、陶磁器に限らず、七宝(しっぽう)や牙彫(げちょう・象牙を使った細工物)、刺繍絵画に加えて、金工が有名でした。

日本における金工は、江戸時代に大きな発展を遂げました。徳川幕府の安定した政権のもとで、金工職人は持てる技術の限りを尽くして、造作や装飾に工夫をこらしました。

明治になり、それまでの大名家の庇護を失った職人たちは明治政府の海外輸出政策を受けて、より深く華麗な表現を模索し始めます。
その結果、幕末から明治期にかけては超絶技巧の工芸作品が登場し、世界中の度肝を抜いたのです。

今回のお品物は、銅の花瓶に金銀をはめ込んだ象嵌細工(ぞうがんざいく)の一対です。
象嵌細工とは、金属の表面を彫り、そこへ別の金属をはめ込んでいく手法です。ここでは地の金属である銅に彫りを入れ、金や銀の加工したパーツをはめ込んで、カシメて留めて落ちないようにします。

象嵌の技法を極めると、金属どうしの継ぎ目はわからず、まるで一体のもののように見えます。もちろん接着剤などは使いませんので、職人の技術力だけで作られる作品です。

ちなみに、地の金属よりもはめ込んだ金属が盛り上がっているような立体的なものを「高肉象嵌(たかにくぞうがん)」といい、盛り上がりを感じさせずにフラットにはめ込んだものを「平象嵌(ひらぞうがん)」と呼びます。

いずれにしても、非常に高い技術がなければ作れないもので、今回のお品物も当時の職人技がいかに高いクオリティを持っていたかと言うことを如実に表現している一品です。

関連記事

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up