ブログTOP

アサヒフレックス Takumar 1:2.4

アサヒフレックスのフィルムカメラ
品目 -
価格 10,000円

「アサヒフレックス Takumar 1:2.4のフィルムカメラ」をお買取りいたしました。

アサヒフレックスは「旭光学合資会社」によってつくられて昭和27年に発売された、国産最初の一眼レフカメラです。
「旭光学合資会社」は、現在のペンタックス。創業当初は眼鏡用レンズや映写用レンズをおもに製造していました。
昭和13年に「旭光学合資会社」を設立し、しだいに主力製品を、スチルカメラ用レンズ、双眼鏡など各種光学機器にシフトしていきました。

そしてスチルカメラの開発・製造に当たって、 一眼レフカメラの開発に乗り出しました。国産初の35ミリ版1眼レフカメラ「アサヒフレックスⅠ」が発売されたのは、昭和27年のことでした。

旭光学工業では、アサヒフレックス以上もより一眼レフカメラを使いやすくするために、レフレックスミラーの自動復元化や、ペンタプリズムファインダーの採用などさまざまな改良をおこない、のちにペンタプリズムを搭載した名カメラ「ペンタックス」が製造されました。
現在のペンタックスは、すべてアサヒフレックスの登場によるものだと言ってもいいでしょう。

今回のお品物は、カメラファンにも人気が高いカメラです。
いっぽうで、最近では若い女性を中心にレトロなフィルムカメラの人気がじわじわと高まっています。

フィルムカメラで撮影すると画面に温かみのある質感が生まれるので、ふだんはデジタルカメラやスマートフォンで撮影していても、休日にのんびりとフィルムカメラでの撮影を楽しむ層が急増中。そのため、以前よりもレトロカメラの需要は確実に上がっています。

とくにこちらのお品物のように、古くても状態が非常に良い・本革のカメラケースやカメラバッグといった付属品も一緒に残っているという場合は、評価が非常に高くなります。
ご自宅にもう使わないフィルムカメラがある場合は、ぜひ一度、査定にお出しになるのがいいでしょう。

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up